記事提供:しらべぇ

「さかなクン」を知らない人はほとんどいないだろう。高校3年のとき『TVチャンピオン』(テレビ東京系)の「全国魚通選手権」で5連勝。以後、独特のキャラクターでテレビなどの露出が増加していく。

さらに、豊富すぎる魚の知識を生かして、執筆やイラストレーターの活動のほか、東京海洋大学・名誉博士の職にも。中学時代は吹奏楽部に在籍し、今年2月にはキリン「氷結」のCMにクールなサックスプレイヤーとして登場。41歳・独身なため、お嫁さんになりたい人がネット上にギョーさん現れるなど話題に。

そこでしらべぇ編集部では「さかなクンのすごさ」について全国調査をしてみた。どんな人たちが熱いまなざしで応援しているのか。

魚をとおしてマルチに才能を発揮する「さかなクン」

文化人なのか芸能人なのか、さかなクンはマルチすぎてつかみどころがない。そこで「やはり、さかなクンはすごいと思うか」聞いてみた。

「さかなクンはすごい」と思う人は全体の61.3%に達している。そして、女性からの支持率のほうが高いのだ。年代別では、男女ともすべての世代が「すごい」と思っている。

SNS上の若い女性ファンからは「あの知識にずっと触れていたい」など、憧憬とも恋心ともとれる発言も。しかし本人は、知識を鼻にかけたりしない。それも好感度が高い理由だろう。

「魚派」「猫派」からの支持率は?

さかなクンといえば、その食べた魚の種類の多さでも有名な魚介類の食通。噂では500種類とも3,000種以上(ギネス記録並み)とも言われている。次のグラフは、回答者の好みの食べ物が「魚」か「肉」かで集計した結果。

魚好きより肉好きが、すごいと思っている人が多い結果に。ちなみに犬派猫派でわけると、犬好きのほうが「すごい」の回答が高かった。ところで、偉大なさかなクン誕生の背景を探ると、次のような事実が浮かび上がる。

・幼少のころ魚類に興味をもちはじめたさかなクンのリクエスト(あの魚を見たい触れたい食べい)に、母親がすべて応じて実現した

・プロ棋士の父親は、さかなクンに囲碁の英才教育をはじめたが、本人に興味がなかったので早めに方針を変え、おもむくままにさせた

出典しらべぇ

しつける、教える、つめ込む教育ではなく、本人の興味ややる気を支援することがやはり重要そうだ。

「すごい」と支持する人にも同じ傾向が

世知辛い世の中ゆえ、さかなクンのような純粋無垢な存在は貴重。さまざまな団体の親善大使も担っている。いじめについて書いたエッセイも有名だ。今回の調査でも「さかなクンすごい」と思っている人たちは、どちらかというと草食系

ガツガツと出世を目指したり、モテ自慢するタイプではなさそう。そして、さかなクン支持層とも言える人には、次のような重要な傾向も発見された。

とくに顕著なのは女性。「さかなクンはすごい」と称賛する人は「1人を長く愛せる」タイプなのだ。このタイプは浮気や離婚のリスクが低いと、他の調査結果でも明らかになっている。落ち着いた結婚生活を望むのなら、さかなクンファンとお付き合いするのも手かもしれないギョ。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1368名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス