記事提供:gori.me

iPhone 7/7 Plus」はステレオスピーカーが搭載されたが、恩恵を受けるどころか困っている人も少なくない。その理由はシャッター音またはスクリーンショットを撮影する時の音が大きすぎること。盗撮防止が目的とは言え、この大音量はむしろ迷惑だ。

ガジェットショットに紹介されていた「iPhone 7のシャッター音/スクショ音を消せるiOS 10の裏技」を試した結果、確かにiPhone 7」のシャッター音とスクリーンショットを撮影する時の音を消音化することができたので紹介する!

「アクセシビリティ」の「AssistiveTouch」を活用

設定方法は以下の通り。まず、「設定」アプリを開き、「一般」の中にある「アクセシビリティ」をタップ。

AssistiveTouch」をタップし、有効化。

デフォルトでは以下の6つのアイコンが表示されているが、右下にある「-」ボタンで数を1つまでに減らす。「カスタム」のみが残るはず。

「カスタム」をタップし、「消音」という項目をタップ。画面上にある黒い丸いボタン(これが「AssistiveTouch」)をタップすると消音のオン・オフを簡単に切り替えることができる。

では、ここで「消音」になった状態で写真を撮影してみましょう。シャッター音が見事消えているのではないだろうか。スクリーンショットを撮ってみても同様に「カシャッ」という大変不快な音は鳴らない。

これは「iPhone 7」だから動作するのか、「iOS 10」がインストールされている端末であれば動作するのかは確認できていないが、少なくとも僕のiPhone 7」(OSバージョンは10.0.1」)では見事消音化することに成功した

これはあくまでも不具合の可能生があるため、後日のアップデートで修正される可能生はあるが、シャッター音およびスクリーンショット音が大きすぎて不快だという人はこの裏技を活用するべし!

「AssistiveTouch」のボタンが邪魔だという人のために

「AssistiveTouch」によるスクショ消音は便利だが、たかがシャッター音を消音化するために常にあの黒いボタンが表示されているのは少々邪魔くさい。

そこで、「アクセシビリティ」の中にある「ショートカット」に「AssistiveTouch」を設定しましょう。これで、ホームボタンを3回クリックすれば黒い丸が表示され、もう一度3回ホームボタンをクリックすると非表示になる。併せて活用するべし!

追記記事公開後、他のデバイスでも成功したとの報告が上がってきている。「iOS 10」の不具合なのだろうか。

追記「3D Touchのアクション」でも「消音」に設定すれば音を消すことができる模様。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス