カツカレー
750円

カツカレーほど「手軽に食べられるご馳走」というイメージがピッタリな料理はない。ただでさえ日本人の心をくすぐるカレーライスという存在。そこにサクサクの揚げたてとんかつが付加され、まさしく極上のB級グルメに昇華。想像しただけでお腹が鳴る至高の逸品だ。

・インド象の置物

日本には、カツカレーの元祖と言われている飲食店が複数あるが、なかでも有名な店が3つある。そのひとつが「キッチン南海」(東京都千代田区神田神保町1-5)だ。店頭にも「元祖カツカレー」と書かれおり、さらにインド象の置物にも「元祖カツカレー」の文字が。

・一番人気はカツカレー

この店は手軽に食べられる洋食の店として定評があるが、やはり一番人気はカツカレー。あまりにも人気がありすぎて、ランチタイムにもなると大行列ができる。それでも数分で入れるのは、回転率が良いから。

カウンター席とテーブル席があるが、どんどんお客さんを詰め込むので相席は当たり前。カップルで行っても、同僚と行っても、はなれ離れは覚悟のうえ。

・湯気とともに立ちのぼる薫り

注文から数分で素早く出てくるカツカレー。揚げたてのとんかつなので、カレーとライス、そしてとんかつから、ものすごい勢いで湯気がのぼる。まだ食べる前だというのに、湯気とともに立ちのぼる薫りがその美味しさがを語る。

・万人受けする味

やや薄めのとんかつは、しっかりと衣にカレーをまとわりつかせ、ライスとともに頬張ると旨味が押し寄せる。しかしながら、スパイシーではない。それでも濃さを感じさせるのは、カレーに溶け込んでじっくりと煮込まれた野菜の旨味だろう。

これは確かに美味しい。そして万人受けする味だ。

・元祖という言葉の意味

余談になるが、料理に「元祖」を掲げている店は、一部のグルメマニアからバッシングを受けやすい。それは、その人たちが「元祖」という言葉を「一番最初に始めた店」ととらえているからだ。確かに元祖という言葉にはそういう意味がある。

しかしながら、元祖には同時に「育んで生み出した」「世に広めさせた」「完成させた」という言葉も含まれる。そういう視点で元祖という意味を考えれば、元祖が複数あるのも理解できるというもの。

出典 YouTube

キッチン南海
住所:東京都千代田区神田神保町1-5
時間:11:15~16:00 17:00~20:00
休日:日祝

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス