記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
口内炎ができると料理は食べづらいし、痛いし、口の中が気になってストレスになりますよね。そんなつらい口内炎は1日でも早く治したいところ。

今回は口内炎を早く治すために大事なポイントをご紹介します。

要チェック項目

□うがいで口内炎の細菌を撃退

□ビタミンB2で口内炎の予防と早期治療

□質の良い睡眠で免疫力アップ!

口内炎ができる原因とは?

そもそも口内炎はどうしてできるのでしょうか? 実はこれだけ医療が発達した現代においても口内炎ができる明確な原因は解明されていません。

しかし、口内炎ができやすいパターンは大きく分けて3つあります。

・うっかり口の中を噛んだとき
・食生活の乱れによる栄養不足(とくにビタミンB2の不足)
・ストレスや疲れ、睡眠不足による免疫力の低下

これらの原因を見直すことで口内炎を悪化させる前に早く治癒することできます。

細菌を減らすことが口内炎早期治療への第一歩!

口内炎ができやすい原因のひとつである口の中を噛むことですが、このようなうっかりミスは防ぐことが難しいです。

しかし、噛んで傷ができてしまったあとの対処はすることができます。

口内炎は口の中に傷ができただけでは発症しません。できた傷にばい菌が入ることで口内炎になってしまうのです。

さらに口の中の細菌が増えれば増えるほど、口内炎は悪化していきます。つまり細菌の繁殖を抑え、殺菌することが早期治療への第一歩になるのです。

そこでオススメしたいのが「うがい」です。うがいは口の中を滅菌する簡単な方法のひとつです。さらに滅菌効果のあるうがい薬や塩水を使用することで効果をより高めることができます。

意外と知らない⁉ 口内炎治療の正しいうがい方法

みなさん何気なくやっているうがいですが、ほとんどの人が正しいうがいの仕方ができていません。とくにうがい薬を使用する場合は注意点があります。

では、正しいうがいの仕方とはどうすればいいのでしょうか?

正しいうがいの3ステップ

1. 口の中にある食べ物のカスを出すため、口に含んで強くうがいをする。
2. 上を向いて喉の奥を洗い流すようにうがいをする。(時間は15秒前後)
3. 2の作業をもう一度行う。

とくに注意したいのが、最初に上を向いて喉の奥をガラガラとうがいしてしまうことです。まずは口の中をうがいし、食べ物のカスや汚れを出さないと意味がありません。

また、うがい薬や食塩水を使用する場合は最後に必ず普通の水でうがいをしてください。うがい薬や食塩水は細菌を減らす効果がありますが、口の中に残していると細胞を傷つけてしまいます。

普通の水で口の中をしっかり洗い流しましょう。

口内炎治癒力を高めるビタミンB2を意識した食生活

口内炎はビタミンが不足することで発症しやすいとも言われています。とくに口内炎にはビタミンB2の摂取が重要です。

ビタミンB2は三大栄養素である「脂質」「糖質」「たんぱく質」をエネルギーに変換し、皮膚や粘膜の成長促進に役立ちます。

ビタミンB2を摂取することにより、口内炎の治癒力を高めるのはもちろんのこと予防にも繋がるのです。

【ビタミンB2が多く含まれる食べ物】
・レバー
・海苔
・インスタントラーメン
・豚肉
・うなぎ
・納豆
・卵

レバーの中でもとくにビタミンB2が高いのが豚レバーです。同じレバーである鶏レバーの約2倍のビタミンB2があります。

しかし、一度にたくさんのビタミンB2を摂取してもあまり効果がありません。大事なのは少量でもいいから毎日の食生活でビタミンB2を摂取することなのです。

その点で考えますとレバーやうなぎなどの食品を毎日食べるのは難しいですよね。卵・海苔・納豆は毎日食べ続けるのに適した食品だと言えます。豚肉もいろんな料理に使えるのでオススメです。

口内炎を直すにはやっぱり寝るのが一番!

ストレスや肉体の疲れなども口内炎ができやすくなる原因と言われています。ストレスの解消方法は人それぞれありますよね。

音楽を聴いたり、アロマの香りを楽しんだり、マッサージを受けたりなど、人によって違うと思いますが一番オススメしたいのはちゃんと睡眠をとることです。

質の良い睡眠はストレス解消や肉体の疲れに効くのはもちろんのこと、皮膚細胞の成長を助け、身体の免疫力を回復させてくれます。

お金もかけず、誰でも今すぐに行動できると思いますので、口内炎ができてしまったときは睡眠時間をしっかり確保するようにしましょう。

≪口内炎が出来やすい方は要チェック!≫
気づいたら出来ている口内炎、あなたの生活習慣は大丈夫?【口内炎】診断

規則正しい生活が口内炎の予防・治療に繋がる

口内炎ができてしまうときは自分の生活習慣に乱れがある場合が多いようです。つまり規則正しい生活を送れば口内炎になる確率を下げることができます。

口内炎に限らず、規則正しい生活は健康な身体を維持するために大切なことです。口内炎になりやすい人は自分の生活を見直し、口内炎にならない身体を作りましょう!

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス