洗剤やスポンジなどで知らぬ間に生活感が漂ってしまうキッチン。

キッチン全体の見栄えを良くするために、台所用の詰め替えポンプボトルを買い、お好みの洗剤をポンプボトルに詰め替える人も増えています。

しかし洗剤を使う頻度が高くなると、詰め替えの回数も増え、面倒になってしまうことも……。

そんな時は、「セリア」の「広口ポンプボトル」が便利なんです!

■1度に600mlの大容量だから、大家族も楽々!

ホームセンターや100均でも、空の詰め替えポンプを数多く取り扱っていますよね。

しかし、多くの詰め替えボトルの許容量は250mlくらい。

必然的に詰め替えの頻度も高くなります。

特に家族4人以上の家庭だと、鍋や皿を洗う回数も多くなり、詰め替えてもすぐに継ぎ足さなくてはなりません。そうなると単純な詰め替えも面倒です。

そこでおすすめしたいのが、「セリア」の「広口カラーポンプボトル」です!

一度に入る量はなんと600mlで、大容量!

直径も8cmで幅広。

4人家族の我が家でも愛用していますが、洗剤の詰め替えの回数もかなり減りますよ。

■詰め替えのしやすさにも注目!

ボトルに詰め替えるときの悩みと言えば、詰め替え口に洗剤を入れようとしてもこぼしてしまうこと。

こぼれた洗剤も無駄になってします。

セリアの広口カラーポンプボトルはそんなお悩みを解決すべく、ポンプの首部分だけでなく、幅が広いボトルの上部も取り外しができるんです。

このように詰め替えの部分を2つ設けることによって、詰め替えがかなり楽になります。

カラーもいくつかある上に、ボディ部分にも何も書いていないので、生活感も漂いません。

フォルム自体に物足りなさを感じたら、お好みで耐水性のフィルムでラベルを作ってボトルの側面に貼ってもいいと思いますよ。

■パーツを定期的にキレイにすることで長持ち!

ポンプボトルはわりと安い値段で購入できますが、水アカなどがついていると生活感も丸出し。

見栄えの良いキッチン周りにするなら、ポンプの細部を定期的に水アカを取り除くのがポイント。

そんな時も、2つに分類できるポンプ部分は洗いやすく、楊枝などを用いるとスムーズに汚れも取れてスッキリします。

洗剤が出る空洞部分も、洗剤が固まらないように忘れずに掃除しておくと良いでしょう。





今回はキッチンをメインとしたポンプボトルの使い方を取り上げましたが、洗面所などにも空のポンプボトルが活躍できますよ。

住まいの雰囲気やお好みで活用してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス