記事提供:心身調律セラピスト 岡田哲也のブログ

※2016年4月の記事に補足して再アップです。

あれですか、アセンションですか?

今地球的にもいろんなことが起こってますが、こんな時だからこそ、集中するものを間違えないことです。

集中するべきは外側ではなく、感情でもありません。

ニュースでもSNSでも日常生活でも、そりゃ悲しいニュースもあれば、むかつくこともあれば、般若のように怒ってる人の文章を読めば怒りが引き出されることもあります。

人間だもの おかを

でもそこで意識を集中するのは、引き出されてるネガティヴな感情、いたたまれないバイブレーションではなく!

【私は】本当はどう生きたいのかな?

【私は】今何をしたいのかな?食べたいのかな?着たいのかな?誰といたいかな?

という【本当の望み】です。

どこかで声高にキレてる人がいても、どこかであなたをディスる人がいても、『これは投影だから』とかほんといらねーからっ!!!

さっさと『じゃあ、私は何を選びたい?』と意識の方向を自分に軌道修正するんです。

大好きな双子のあーすじぷしーも、ペルーを旅行していて残金30ドルになった時、1番ワクワクするカフェに行って、お茶しながらワクワクすることを妄想しまくったのですよ。

一見アホでしょ!?

でもそうやって本当の望みを大切にしてると、セッションを受けてくれる人が現れたり、その後に繋がる仲間と繋がったりするのです。

※そんなあーすじぷしーが山川夫妻と共著で『受け入れの法則』という本を出しました。読んでませんがオススメ過ぎます。

うちの本の前にぜひ読んでおいてください!

さて、

『あなたが平穏の内にあるときは争いは決して起こらない』

誰の言葉が忘れましたが、真理です。

争ってる人は、単に自分と争ってるだけなのです。

※参考記事
◇自分の好き!に夢中になってたら、他人を批判する暇は無い。

で、いたたまれない感覚が大きくて、なかなかそのイメージが持てない場合は、身体感覚へ集中するんです。

ハートの動き、感情の捉え方についてはこちらの記事に詳しく書きましたが、

◇『ぐわーっ』感情感覚を捉えていく練習方法。

その感覚よりさらに下位置。

武道で言うところの臍下丹田。

はるちゃんの言う子宮あたり。

そこに意識を沈めて、その感覚に自分を落ち着かせるんです。

ポイントは、どっしりと丹田感覚で落ち着いてても、ハートのバイブレーションはまだいたたまれなかったりするってこと。

すぐに瞬間的に落ち着くわけじゃありませんのでご安心を。

それはそれで『ああ、あるんだな~』と感じていたら、勝手にそのうち消えますからほっときましょう。

そうやってあなたが落ち着いて『大丈夫だよ』と在るだけで、勝手に周りも落ち着きます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス