9月15日から開始されたヨドバシカメラの新サービスを知っていますか?

その名も『ヨドバシエクストリーム』。

インターネット通販で注文すれば、なんと最短2時間半で無料配達してくれるという超速サービスなのです!

到着予定時間を1分単位で顧客に知らせるそうで、一部の地域では24時間再配達に対応するとのこと。

その対象となる地域は、東京都23区全域と武蔵野、三鷹、調布、狛江の4市の一部地域だそうです。

それでは、15日から始まったばかりの新サービス『ヨドバシエクストリーム』の詳細を見ていきましょう!

ヨドバシエクストリーム なぜ可能になった?

短時間配達のコストアップは、効率化により吸収するといいます。

ヨドバシでは30億円を投じて、配達拠点など物流を効率化するためにITシステムを導入しました。

都内に在庫を保管するための物流センターを3カ所、商品を仕分けする小型の配送拠点を10カ所設けたようです。

在庫を各地域に分散させることにより、顧客の家までの配達距離が短くなったようです。

その結果、短時間での配達が可能になったのだとか。

この配達では、ヨドバシの従業員が300台弱のトラックを使い届けてくれるのです。

たとえ、乾電池1個でも無料で届けてくれるといいます。

この驚きの新サービスに、ネット上でもヨドバシを称える声がたくさん寄せられています。

そんな新サービスに称賛の声が続々!

ヨドバシを称賛する声

「配達ではなく出前」…新サービスのすごい称え方です!!笑

あの堀江貴文さんも、働きすぎを懸念しつつも新サービスの便利さに言及しているようです。ヨドバシを絶賛する一方では、「やりすぎじゃないのか」と心配する声もたくさんあがっていたようです。

ヨドバシを心配する声

ドライバーを心配する声が、ちらほら見受けられます。

最後のTwitterユーザーの方が言うように、少し無茶なような気もします。

この背景には、アマゾンの有料会員を対象にした最短1時間での配達が関係しているのではないでしょうか。

インターネット通販の速さやサービスを巡る競争が激化してきたようです。

ちなみに、ヨドバシエクストリームのサービスとともに、家電だけでなく調味料や加工食品の販売も始めたそうです。

どんどんと便利になって嬉しい反面、働いている人のことを考えれば少し心配ですね…。

出典:@heaaart

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス