イギリス人にとって「紅茶」はどんな時にも欠かせないもの。問題が起こった時に「まず、紅茶をいっぱい飲んで解決しよう」と言うほど、紅茶を飲むことで気持ちを落ち着けることができるという風習があるのがイギリスです。

このほど、ヨークシャー州ハルのあるお店に強盗が入り「金を出せ」とショップオーナーを脅しました。ところがこの女性、驚くべき対応に出たのです。

被害に遭ったニュースエージェント

Pinned from metro.co.uk

ハル市内にある「Sangha」というニュースエージェント(売店)にやって来た、スチュワート・グリーソン容疑者。店内を暫くうろついた後、約18cmのキッチンナイフを出し、ショップオーナーのカラムジット・サンガ(Karamjit Sangha)さんに突きつけました。

ドラッグ常習者のグリーソン容疑者

Pinned from metro.co.uk

カウンター内で、いれたての紅茶を今から味わおうという時にいきなりナイフで「金を出せ」と脅されたオーナーのサンガさん(49歳)。見ると、ドラッグ使用者らしき男が呂律の回らない口調でそう要求して来ました。

グリーソン容疑者は「そこにある金を全て出せ」と要求しました。ところが、サンガさんはとんでもない度胸の持ち主だったのです。

「私、今、紅茶を飲んでいるんですけど」と言い脅しに怯える様子もなく、紅茶を飲んだサンガさん。グリーソン容疑者は「カップを置いてすぐに金をよこせ!」と要求したものの、サンガさんは「わかったわよ」と言い、なんと手元にあったカッターナイフを掴んで、容疑者に「出て行って」と追い払ったというのです。

「お茶の時間は誰にも邪魔させないわ」

Pinned from metro.co.uk

ナイフをあっさり奪われたグリーソン容疑者は、怯えて震え出し店から逃走。警察により数時間後に逮捕されたグリーソン容疑者は、先週、強盗と危険物所持の容疑で起訴されており、5年の実刑判決が下されました。

それにしてもすごいのはサンガさんの度胸。ドラッグ使用で呂律が回ってない男とはいえ、ナイフを突きつけられても動じることなく「お茶の時間」を主張するとは。グリーソン容疑者も、まさかそんな態度に出られるとは想像もしていなかったのでしょう。しかも自分がカッターナイフを突きつけられてしまうという格好の悪さ…。

ドラッグ常習者は、独特の振る舞いをするために見た目でもそうだとわかりやすいのが特徴です。呂律が回らず、目がうつろ、そして顔色も悪く常に怯えたような顔つき…きっとサンガさんは一目でグリーソン容疑者がそうだと気付いたのでしょう。とはいえ、危険ではない証拠はどこにもなく、ドラッグ使用者だからこそ、突拍子もない攻撃をしてくることだって大いにあり得るわけです。

そんな犯人に気丈に振る舞ったサンガさんは、さすが誇るべき店のオーナー。紅茶を愛し、そして紅茶を飲む時間を大切にするという風習をリスペクトしているイギリス国民ならではの堂々とした態度。

「いかなる人であっても私の紅茶を飲む時間を邪魔することは許されない…」イギリス人にとって、紅茶は日常のどんな時にも欠かせない飲み物であることを改めて実感した、驚きの事件といえるでしょう。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス