働く大人女子向けファッション雑誌『steady.(ステディ.)』。2016年9月7日(水)に発売された10月号では、30歳前後の働く女子1,000人に「服装」に関する意識を調査。通勤服はにデートの時の服装…多くの女性はどんな服装を心がけているのか、さっそく見ていこう。

服装やコーディネイト、アイテム選びには“品”があるかを重要視!

“服装やコーディネイト、アイテム選びで重視するポイント”で多くの女性が重要視しているのが、品があるかどうか。36%の人が上品に見られる服装選びを心掛けているようだ。

次いで「清潔感があるか」が33%、そして「女性らしさ」が27%となった。また「高見えするかどうか」という意見もあり、プチプライスのファッションでもオシャレに見えるようにコーディネートする女子も増えているようだ。

そして“上品に見られたいシチュエーション”1位は、「デート」や「結婚式やパーティ」を抑えて、意外にも「職場」という結果に。ビジネスシーンでの服装に気をつかっている人が多いようだ。ちなみに2位が「デート」で、3位が「結婚式やパーティ」となっている。

“上品だと思う芸能人”1位は北川景子

また“読者が上品だと思う芸能人”1位には北川景子が輝いた。あのサラサラのミディアムヘアと滑らかな肌に加え、シンプルなのに清潔感あふれる服などに女性たちから絶賛の声が集まっている。そして綾瀬はるかが2位、石原さとみが3位にランクインした。

上品な印象を与える最強の色“BEST5”

さらに、スタイリストの岡野香里、イメージコンサルタントの森本のり子による“上品な印象を与える最強の色BEST5”を紹介。1位ベージュ、2位にホワイト、3位ネイビーなど、他の色との相性もよく綺麗めな色合いのものが揃った。

また、4位にはライトグレー、5位にダスティーピンクがあげられており、柔らかで落ち着いた色合いのものが上品さを与えるようだ。

このランキングに基づき、同誌ではその色をベースにしたコーディネイト術や、“上品シンプルを叶える即効テク”として、「スカーフを首に巻く」「華奢なゴールドアクセを重ねづけ」「髪はマジェステで留める」などの小物づかいのテクニックなども掲載。ワンランク上の上品さを手に入れよう。

付録には、ビューティーブラッシュアップコンサルタント・神崎恵監修カラーの「マーキュリーデュオの愛されネイルカラーセット」がついてくる。付録にネイルカラーセットが付くのは、『steady.』史上初。

カラーも秋に使える“こなれグレー”“まろみベージュ”“あまえピンク”の3色にアート用細筆ホワイト、トップコートも付いた豪華な5点セット。この付録に合わせて、ネイルの塗り方を掲載した「セルフネイルの基本のキ!」や「インスタ映えするネイルの撮り方講座」も紹介しているので、チェックしてみよう。

※掲載内容は変更になる場合があります。

この記事で紹介した書籍

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス