記事提供:いいモノ調査隊

筆者はお酒が大好きなのですが、なかでも日本酒を好んで飲みます。おいしい日本酒のみなもとになるのは、米と水。だから、米どころといわれる地方に銘酒が多いんです。

新潟県はその代表格。新潟のお酒といえば「久保田」「〆張鶴」「菊水」「上善如水」「越乃寒梅」などなど、日本酒好きなら、文字どおり垂涎(すいぜん)ものの日本酒を輩出しています。さて、そんな新潟の銘酒のなかで、忘れてはならないのが「八海山」。

「八海山」の蔵元がある南魚沼は、言わずと知れた米どころ。そうです、あの魚沼産コシヒカリの産地です。また、豪雪地帯でもあることから、湧き水が豊富。おいしい酒造りに欠かせない「米」も「水」も万全というわけです。

さて、前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのは、その「八海山」の蔵元が造った「麹だけでつくったあまさけ」です。砂糖などの添加物はいっさい加えず、米と米麹だけで造った無添加の甘酒。

麹のでんぷんを糖化させることで、やさしい甘さを出し、酒造りの技術を生かして、雑味のないスッキリとした味わいを醸し出しているとのこと。なかなか魅力的な甘酒です。日本酒好きとしては試さないわけにはいきません。ということで、取り寄せてみました。

原材料は、「米麹(国内産)」だけで、実にシンプル。右のラベルは八海山です。

まずは、ひと口。砂糖が入っていないのでスッキリしていますが、麹の上品な甘さがあります。これはおいしい!

冷やして飲むのがいいんです。

甘酒というと、冬の温かい飲み物というイメージがありますが、江戸時代から夏場の滋養強壮にいいとして、冷やして飲む方法でも親しまれている伝統食品とのことです。ためしに冷やして飲んでみましたが、スーッと体のなかに入っていく感じがしました。

「麹だけでつくったあまさけ」は酒粕を使っていないので、アルコール分はゼロ。お酒が苦手な人でも、車を運転する前でも飲めます。もちろんお子さんやお年寄りもOK。米麹はビタミンが豊富で、必須アミノ酸を含み滋養強壮にも効果があるとか。

“飲む点滴”といわれるほど、栄養豊富なのもうなずけます。朝食をとる時間がないときでも、「麹だけでつくったあまさけ」を1杯飲めば、朝から頭が働くはず。また、酷暑を乗り切った体をいたわるにもピッタリの飲み物です。

豆乳と割って飲むのもおいしいですよ♪

白玉団子にかけるのもおすすめ。

そのまま凍らせれば、おいしいシャーベットに!

ただ飲むだけではなく、料理にも使えます。今はやりの“塩麹”をマネた“あまさけ麹”ですね。いくつかレシピをご紹介しましょう。まずは安い輸入鶏むね肉をおいしくいただく方法です!

ジップロックに小さじ1の塩を入れ、そこへあまさけを50cc加えます。その中へ鶏むね肉を2枚投入。

空気を抜いて、半日冷蔵庫で味をなじませます。

お湯をはった炊飯器へジップロックのまま入れ、「保温」ボタンを押します。

そのまま2時間放置したら取り出して、ジップロックのまま荒熱をとって、冷蔵庫へ。

しっとりとしたゆで鶏の完成!薄くスライスしてマヨネーズやゆずこしょうでいただきます。サラダのトッピングにもGOOD。周りに煮こごり(ゼリー状のプルプル)ができるので、それも一緒にかけて召し上がれ!

お次は豚肉。

大さじ1のみそを少量ずつあまさけで溶きます。これくらいのトロトロ具合でいいでしょう。

ラップに味噌だれをのせ、豚ロースをON。豚の上にも味噌だれを置き、ラップでくるみます。

1日冷蔵庫で寝かせたら、表面の味噌だれを軽くそぎ落とし、フライパンで中火で焼きます。適度に焼き色がついたらひっくり返し、弱火にしてフタをして蒸し焼きに。中まで火が通ったら、最後に火を中火にして、焦げない程度に水分を飛ばして完成です。

完成~豚ロースのなんちゃって西京焼です。

飲むだけでもおいしくて栄養満点、さらにお料理にも使える「麹だけでつくったあまさけ」。八海山好きはもちろん、お酒が飲めない人にもおすすめです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス