■テニスの国別対抗戦「デビスカップ」

出典 http://www.jta-tennis.or.jp

2016年9月16日(金)~18日(日)の日程で行われた、デビスカップ ワールドグループプレーオフ「日本vsウクライナ」

男子テニスの国別対抗戦デビスカップワールドにおけるグループ入れ替え戦「日本vsウクライナ」が、9月16日~18日の日程で開催。

初日の9月16日はシングルス2選が行われ、ダニエル太郎選手と西岡良仁選手がそれぞれ勝利。2日目の17日は、錦織圭・杉田祐一組がダブルスを戦い、こちらも見事勝利。この段階で日本の勝利は決まりました。

そして3日目の18日。消化試合ではありますが、大勢のファンが会場となる大阪・靭テニスセンターに集結。しかしながら、あいにくの雨で予定の午前11時になっても試合は始まらないという事態に。

観客の皆さんは、中止になるのか延期になるのかもわからない状況のまま、傘を差しながら開始を待つことに…

公式サイトでは何の発表もなく…

Licensed by gettyimages ®

この様にみなさん困惑。どうやら公式フェイスブックには開始時間の変更等が告知されていたようですが、公式HPにはその詳細も書かれない状況のようでした。

■そんな中、雨のセンターコートにあの男が登場

熱い男、松岡修造さん

出典 https://twitter.com

WOWOWの中継解説の為に来場していた松岡修造さんが、雨が降りしきる会場のセンターコートに登場。何をするかと思えば…

そんな中、センターコートに登場したのはWOWOWの解説で来場していた松岡修造氏(48)。スーツ姿で一人、傘を差しながら75分間にわたって“臨時トークショー”を行った。

出典 http://www.tokyo-sports.co.jp

なんと松岡さんは、1時間半延期されたスタート時間を雨の中で待つ観客のために、75分間の臨時トークショーを行ったんです。

途中、WOWOWスタッフに打ち合わせの催促を受けるも…

出典 https://twitter.com

全米オープンジュニア部門でベスト4入りした綿貫陽介選手への臨時インタビューも実施。

途中、WOWOW側から「あと5分で打ち合わせがあります」と中断の催促があったものの「ボクは打ち合わせをやらない人間」と居直り、そのままマイクを握り続けた。

出典 http://www.tokyo-sports.co.jp

中継制作側としてみれば打ち合わせを行いたい気持ちもわかりますが、松岡さんはファンを優先。さすがとしか言いようがありませんね。

■Twitterにはその様子が次々と投稿されました

雨のコートに胸をつける松岡さん

熱い感じが伝わってきます。

各選手もコートに登場

ファンにとってはうれしいですね。

■この神対応にファンも感嘆

ほんとうに素晴らしい

Licensed by gettyimages ®

あっという間の2時間だったことでしょう。

▽ネットニュースを見た人たちも

Licensed by gettyimages ®

雨を雨と感じさせない。なかなか出来ることではありません。

松岡さんのような人が次々と現れるのが一番ですが、なかなか難しいですね。

2014年楽天オープンでも同じような事が

出典 https://twitter.com

錦織圭選手の試合が雨で中断しているとき、おもむろに立ち上がり場繋ぎのトークを行われました。

それが特別な事でない、いつもの行動というのが凄い。

■昨日18日は雨の影響で色々なイベントが中止に

滋賀県で行われていた「イナズマロックフェス2016」

出典 https://twitter.com

TMRevolutionの西川さんが主催する野外音楽フェス「イナズマロックフェス2016」の2日目も、風雨と雷の影響で3アーティストを残して中止に。西川さんがステージに現れ謝罪されました。また、京都で行われた「京都音楽博覧会 2016」も、主催のくるり登場前に中止決定に。この週末は各地でこういった事態が発生していました。

出来る男は違う

ほんとですね。こういった場面で、男として、人間としての真価が問われるのかもしれません。その後西川さんも、最後の観客が会場を出るまでその場に残って対処されたんだとか。どちらも素晴らしい対応です。

もちろん、天候がよく何の問題もなくイベントが開催されるのが一番ですが、トラブルが起きても観客の皆さんが「仕方ない」と納得出来る最大限の対応をとる事が出来るのは素晴らしいこと。

まさに「神対応」な一件でした。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス