ヨーロッパが大好きな大学生「Misa」さんが、自身のTwitterアカウント(@mi_sa1208)で、2014年3月から約1年間ドイツのハイデルベルクに留学していた際に、語学学校で受けたカルチャーショックを描いた漫画を公開して話題になっています。

日本の学校とは違う点が4コマ漫画になっているのですが、鉛筆やシャーペンを使わずにボールペンを使ったり、辞書(電子辞書含む)を持たずに先生を辞書代わりにしたりと、なかなかのカルチャーショックな出来事がまとまっています。

しかし、それ以上に衝撃を受けたことがあるようで…

ドイツの語学学校で受けたカルチャーショック

出典 https://twitter.com

※漫画とは少し表現が異なりますが、グーの手を下に向けて、指の第二関節を机に当てて叩くのが正式な拍手の仕方ということです。(「Misa」さん談)

①ドイツの語学学校は、日本の学校とは色々違うところがあります

まず、生徒はみんなテストの時も板書の時もシャーペンではなくボールペンを使ってます

②また、多くの生徒は授業に辞書を持ってきません

③そして一番慣れなかったのが…

④拍手の代わりに机をたたく文化

出典 https://twitter.com

マジですか!?これは怖いですね…(笑)

Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

これ、確かに何も知らない人が、プレゼン後にいきなり机を叩かれたらビックリするでしょうね。しかも拍手の代わりなわけなので、良いプレゼンであればあるほど叩く勢いが良いわけですからね…(笑)

(※権利者の許可を得て掲載しています)

このツイートを見た人たちからは…

楽しい情報ありがとうございました」
「ドイツ豆知識面白いw」
禁止だからではなく無意識にボールペンなのですね、不思議です」
「スケート競技でドイツの実況さんがドンドンと机を叩いていたのはそういうわけだったのかとよくわかりました」
「机ドンドン(^_^)確かに音が大きいほどコワイですよね、慣れないと」

などの声が挙がっていました。

他にもあった、ドイツで受けたカルチャーショックな出来事

せっかくなので、ドイツ留学中に受けたその他のカルチャーショックを「Misa」さんにお聞きしたところ、こんなことがあったそうです…。

①スーパーマーケットのレジ

Licensed by gettyimages ®

スーパーマーケットのレジはベルトコンベアみたいになっているらしく、買った商品を自分で詰めていくんだとか。日本だとカゴに入れて渡してくれますもんね。コストコやIKEAみたいなイメージかな?

②駅に改札がない

Licensed by gettyimages ®

え…。田舎の無人駅じゃあるまいし…。ハイデルベルクが田舎だからってワケではなさそうですが…。どうやら、ドイツの公共機関は信用乗車方式を採用しているらしく、乗車中にもちろん駅員さんのチェックが入るようです。

③セクシーな広告が街中に貼り出されている

Licensed by gettyimages ®

セクシーな広告が街中に、しかもでかでかと貼り出されているらしく、かなり気恥ずかしい思いをしたんだそうです。これはさすがヨーロッパの国といったところでしょうか…。日本人だと目のやり場に困りそうですね…。

④魚をパンに挟んで食べる

Licensed by gettyimages ®

マクドナルドのフィレオフィッシュなら分かりますが、魚をパンに挟む…?マリネなんかをパンに挟んだりするようですが、なんともまぁ驚きの文化ですね…。海外の人が日本の寿司に驚くのってこんな感覚なのかな…。

その他にも海外留学で役に立つ漫画がたくさん

Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

「Misa」さんは、ご自身の経験から、海外留学時に役に立つ情報を漫画にしてTwitterに投稿されているので、その中の一部をご紹介しますね!海外留学予定の人や、海外留学に興味を持っている人は是非チェックしてみてください!

スリ対策&不審者撃退法

これは参考になりますね!

鼻水がついたティッシュを触っちゃったおばさん…スリなんてしようと思った罰ですね。それにしても、女子大生が鞄に鼻をかんだティッシュを入れている方が驚きですけどね…(笑)ドイツでも花粉症は発症するらしいので、きっとその時期だったのかな…。

ヨーロッパ女子1人旅でのナンパ対策

たしかにヨーロッパの男性は、日本男児と違ってオープンですからね。

スリ以外でお金を失いかねないケース

お金に対してざっくり過ぎやしませんかね…。

海外でのコミュニケーション

なんだかほっこりしますね。

ジャーマナイズド!

帰ってきたらこうなるのか(笑)いかに太ったか…。ドイツってご飯美味しいんですね!あ…ビールかな?

どれも実際に留学していないと分からないことがたくさん!これは参考になりますね!

※本記事に掲載しているツイートは、全て権利者の許可を得て掲載しています。

最後に「Misa」さんからドイツ語に興味がある人にメッセージを頂きました!

Gute Freunde und Freude gehören zusammen.
(意味:良い友人と喜びは仲間同士 ※「Misa」さん独自の訳です)

ドイツ語を学び始めた頃、「友人」を意味するFreunde(フロインデ)と、「喜び」を意味するFreude(フロイデ)の2つの単語の発音が似ていることが、何だかとても素敵だなと感じたという「Misa」さん。ドイツ語がなかなか上達せずに何度も苦しんだときも、それでもドイツ語が好きだと思えたのは、ドイツ語を学ぶ中で良き友人とたくさんの楽しい思い出に恵まれたからだということです。

そんな「Misa」さんんから、ドイツ語学習を通じて、素敵なFreunde(フロインデ)とFreude(フロイデ)を見つけてみませんか、というメッセージでした。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス