2匹のホームレス犬を保護

米国ジョージア州サバンナ市のデルタサークル付近で2匹のホームレス犬が保護されました。

ピットブルが片目が見えないチワワを守っていた?!

それは、チワワとピットブルのコンビでした。

どうして2匹が一緒にいたのかは判りませんが、チワワは片目が感染症にかかっていて既に失明している可能性がありました。

片目で視界が狭くなっていたチワワを守るように、ピットブルは寄り添っていたそうです。

‘チャチ‘と‘ジョニー‘

チワワは‘チャチ‘と命名され、ピットブルは‘ジョニー‘と命名されました。

深い絆

ジョニーはまるで母犬のようにチャチを口にくわえて、移動させていました。そして時々、チャチの腫れた片目を舐めて癒していました。

2匹の間には、とても深い絆ができていたのです。

体格のまるで違う2匹がいつもピッタリと寄り添っています。

過酷なホームレス生活をいったどのくらいの間2匹は送っていたのでしょうか。

左目は手遅れの状態だった

チャチは恐ろしい目の感染症にかかっていました。保護された時は、既に手遅れの状態でした。

チャチは左目を失いました。獣医は、チャチの目の手術をして、感染症に侵されて失明していた眼球を取り出し、縫合しました。

再会

チャチの目の手術のため、数日間離れ離れになっていた2匹は、再会するとクンクンと鳴いて互いに体をなめ合い、ピッタリと寄り添いました。

この2匹は引き離せない

「彼らの絆は本当に深いと感じました。2匹はずっと一緒にいるべきだと思っています。2匹とも同じ家庭に引き取ってもらえる里親さんを探したいと考えています。」と2匹を保護しているシェルターのスタッフは語りました。

2匹はかつて飼い犬だった

2匹ともフェラリアは陰性で、チャチは去勢されていました。ジョニーは雌です。

いったいこの2匹に何が起きたのでしょうか?2匹ともかつては、誰かの飼い犬だったことは間違いありません。

フロリダのシェルター

チャチとジョニーは、フロリダ州のSavannah-Chatham Metropolitan Police Departmentのアニマルコントロールシェルターに移動しました。

2匹はフロリダがとても気にいったみたいです。

里親

2014年8月、2匹にとうとう里親が見つかりました。もちろん、2匹一緒に生活できる家庭です。

出典 https://www.facebook.com

新しい家族と初めてのお散歩

出典 https://www.facebook.com

ジョニーは新しいお家で、おもちゃを買ってもらいました。

出典 https://www.facebook.com

チャチも新しい家での生活をエンジョイしています。

最後に

チャチは雄、ジョニーは雌。2匹は、夫婦あるいは恋人同志だったのでしょうか?一緒に飼われていたのか?あるいはホームレスをしていて出会ったのか?何も判りませんが、明らかなのは、2匹の深い絆ですね。

2匹が一緒に保護されて、一緒に里親に引き取られて、ハッピーエンディングなお話でホッとしました。

犬たちにも、人間と同じようにいろいろ犬生がありますね。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス