子どもの頃から読んでいて大事にしている絵本、恋人からもらった小説、大好きな洋画の原作洋書、などなど。そんな大切な本が、思わぬアクシデントで濡れてしまったら…。こんな悲しいことはありませんよね…。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

そんな「大切な本が濡れてしまった」という人のために、今年の2月に絵本作家の「のはな はるか」さんが、本が濡れてしまったときの対処法をTwitter上で紹介してくれましたが、これにはたくさんの反響がありましたね。

「乾く前に、コピー用紙などの白紙を塗れてしまったページに1枚ずつはさんでから重い本を乗せて置いておくと、シワシワにならない」というやつです。

この方法は本の濡れ具合や紙質にもよるので、全ての本が修復できることを保証するものではありません。

それを知った人たちはからは「ありがとうございます」「もし今度、濡れてしまったら試してみます。ありがとうございます」「まじかwwwメモらなくちゃ(汗)!!」などの声がたくさん挙がっていましたね。

今回は新たに実写版が登場!

Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

そんな「のはな」さんの紹介してくれた「本が濡れてしまったときの対処法」ですが、なんと今回新たに実写版が登場しました!これがまた可愛いと話題になっているのでご紹介しますね。

本が濡れてしまったら(実写版)

本が濡れてしまったら かわく前に…

出典 https://twitter.com

白紙を濡れてしまったページ1枚づずにはさみ

出典 https://twitter.com

重い本などをのせて置いておくと…(※水を十分吸った白紙はこまめにかえると◎)

出典 https://twitter.com

紙がシワシワにならず きれいに乾きます!

出典 https://twitter.com

※この方法は本の濡れ具合や紙質にもよりますので、全ての本が修復できることを保証するものではありません。ご了承くださいませ(>_<)

出典 https://twitter.com

実写にうさぎのイラストも加わって、これまたなんとも可愛くなっていますね!しかも実写だからより分かりやすい!

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのツイートは前回の投稿と同じく反響を呼んでおり、「うさぎさんかわいい♪」「すごい!勉強になりました!」「この方法を30年前に知りたかった…」などの声が挙がっていました。

中には、「今朝、ペットボトルの水をカバン内でぶちまけてしまい、今ぼたぼたの手帳で実践中です。知ってて良かったですm(_ _)m」など、ちょうど実践しているという方も!ホント知ってて良かったですね。

大切な本が濡れてしまった時、ふと思い出して活用してほしい

「のはな」さんにお話を伺ったところ、最初のツイートは、「この方法があまり知られていないのであれば、ぜひ知っていただき、濡れてしまった本が一冊でも多く救われたら…」という想いからアップされたのだそうです。

今週は全国的に台風で天気が不安定ということもあり、濡れてしまう本がたくさん出るのでは?と思って心配になり、実写版を追加でアップされました。おばあちゃんの知恵袋的に、本が濡れてしまった時に、ふと思い出して活用してもらえたら嬉しい、とのことです。

ほんわか楽しい絵本たち


「のはな」さんは、6カ国で出版されている絵本『たくさんの たくさんの たくさんの ひつじ』や、今月発売された『うさぎマンション』など、先程のツイートに登場したうさぎのような、ほんわか楽しくて可愛い絵本を出版されています。

濡れた本を助けるためのツイートも、本を大切にしてほしいという気持ちも、こんな素敵な絵本を描いているからこそ生まれたものだったんでしょうね。

みなさんも、本が濡れてしまった時の対処法、是非覚えておいてくださいね!

※本記事に掲載しているツイートは、全て権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス