来月はハロウィーンがやってきますね。日本では10月31日のハロウィーンの日になると最近ではコスプレをしてイベントなどに参加する人も増えているそうですが、そもそもハロウィーンってご存知でしたか?

ハロウィーンは、古代ケルト人の祭り

Licensed by gettyimages ®

ハロウィーンの日と言われる10月31日は、本来は秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す宗教的意味合いが重視されていたそうですが、現在ではアメリカでは特に子供たちを中心とする民間行事の一つとして周知されています。

でもケルト人といえばアイルランド。アイルランドでは、ハロウィーンの日は祝日になっていて、伝統的な習慣を祝う日となっているようです。

筆者の住むイギリスでも、エリアによって「トリックorトリート!」と子供たちがやって来ることも。そして若者たちはそれぞれのハロウィーン衣装を着てパーティー。多くの家の玄関先にはかぼちゃをくり抜いたジャック・オー・ランタンが置かれます。

10月になると、各スーパーに並ぶ巨大なかぼちゃを見て「あぁ、ハロウィーンの季節が来たんだな」と実感させられ、家族と一緒にジャック・オー・ランタンを作ったり、子供たちも可愛いスケルトンの衣装を着たりして、イベントを楽しんでいます。

今回、ハロウィーン仕様のとっても素敵な「リース」をご紹介しましょう。リースというとクリスマスのイメージがありますが、ドアにかけられたハロウィーンのリースもなかなかホラーで可愛いもの。

世界最大のクラフト通販サイト「Esty」でもお取り寄せが可能で、お値段3500円ぐらいから色々揃っているようです。

あなたはどのリースが好き?

ハロウィーンはなんといってもたった1日なので、この日のイベントを楽しみにしている人も少なくはなく、リースや衣装を手作りする人もいるようです。気合が入った数々のリース。あなたはどれがお好みですか?

出典 https://www.facebook.com

お子さんがいる家庭はこういうのもとっても可愛いですね!

シンプルだけどインパクト大!

手作り感がなんだか素敵。

出典 https://www.etsy.com

筆者のお気に入りはこちら。ハロウィーンというと、筆者の中ではかぼちゃのオレンジがイメージカラー。そしてスケルトンではなく、黒猫とコウモリを使ったリースはとってもおしゃれじゃないですか?

トリックorトリートに来た子供たちが怖がる…かな?

「中に魔女がいますよ」というリース。子供たちはドキドキ、ワクワクしながらドアを叩くのでしょうね。

出典 https://www.etsy.com

オリジナル感溢れる蜘蛛の巣のリース。

出典 https://www.etsy.com

同じ蜘蛛の巣でも、こちらは毛糸で編まれたちょこっとほっこり感があるリース。

思わず笑顔になりそうな可愛いホラー

出典 https://www.facebook.com

クラフトが苦手という方も、お子さんと一緒に作ってみると楽しいかも知れませんね。通販でも素敵なリースがたくさん販売されているようなので、今年はお気に入りのリースであなたのハロウィーンの玄関を飾ってみては?

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス