こんにちは!藤田シャケラッチョと申します。4歳の女の子と2歳の男の子と9歳のチワワの育児に奮闘中です。


子供が小さい内は、1人の時間を持つことがなかなか難しいですよね。


外出先だとすぐにどこかへ行っちゃうくせに、家にいる間は、どこに行くにも常に子供がついてくるという方も少なくないかと思います。
特に困るのが完全プライベート空間であるはずのトイレへの侵入。
毎度当然のように入って来られては、出るものも出ません。

そこで今回は「我が家のちびっこ追跡隊(トイレ編)」をご紹介します。

見てないようで見ている

私がトイレに入ると、毎回当たり前に入ってくるので、こちらも「子供が来て当然」と思うようになってしまっています。

それが急に、来ないとなると逆に探したり…

「おお、やはり見ていたか」と妙な安心感を覚えたり。


親心も複雑です。

ほくろを見るため?雑な言い訳

ほくろならトイレの外で好きなだけ見せてやるよ!
と、思いつつ娘の見え透いた嘘が可愛いと感じてしまいました。

そこまで母が好きかという思いと、いつまでトイレの中に入ってくる気だろうという思いが、複雑に絡み合います。

外出先ではトゥギャザーしようぜ!

家にいる時は、トイレに入って来て欲しくないのですが外出先だと話は別。
一緒にトイレに入って、母が用を足すまで待っていてほしいのですが…

なぜか外出先だとトイレの外に出ようとする子供たち。

本当に子供というのは思うように行かないものですね。

夢のまた夢!リラックスしたトイレタイム

0歳児の後追いの延長で、家の中で私の姿が見えないと探しに来る子供たち。
上の子はもうすぐ5歳ですが、未だに私の姿が見えないとすぐに探しにやってきます。

「お母さんお母さん」と一日中付け回されるのも、ちょっぴりうんざりするのですが、探されなくなるのも寂しいものですよね。

しかし…せめてトイレはゆっくり1人でさせてほしい!

私のトイレタイムは「リラックスした時間」とは程遠い状態が続きそうです。

この記事を書いたユーザー

藤田シャケラッチョ このユーザーの他の記事を見る

大分県で一姫二太郎と、気の強いチワワを育てています。胞状奇胎という珍しい病気の後、子供を2人授かりました。趣味はブログで子供の成長を漫画にすることと温泉巡りです。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 育児
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス