記事提供:Techinsight

若槻千夏がバラエティ番組『ダウンタウンなう』で号泣する姿を見せて以降、いろいろな人から「見ましたよ」と話しかけられることをブログで明かしている。そんななか、タレントとしても活躍するモデル・りゅうちぇるから励まされた時はさすがに複雑な気持ちになったようだ。

9月9日にフジテレビ系で放送された『ダウンタウンなうSP』で、“本音でハシゴ酒”のロケに出演した若槻千夏。昨年12月にさんまの冠番組でおよそ4年ぶりに芸能界復帰を果たしている。

実は『ダウンタウンなう』の話も昨年の11月頃からあったが、まだ復帰したばかりの彼女は浜田雅功、松本人志、坂上忍を相手に酒を飲みながらトークするのは難しいと考えて見送ったのだという。

その後はバラエティ番組など様々な仕事で“勘”を取り戻したため今回の出演となったのだが、やはり3人を前にすると本調子が出ない。トークが重くなりがちなところに「もっと明るく軽くやったら面白いのに」「アホを売りにしてる部分もあったやん!」「復帰したら重めにいこうってこと!?」と3人から詰め寄られ続け、ついには泣き出してしまった。

「ダウンタウンに嫌われたくない」との思いが爆発したのだ。結局それが「今、めちゃ面白い!」とダウンタウンに認められるのだからバラエティは難しい。放送から数日が経った13日、彼女は『若槻千夏オフィシャルブログ』にて番組への周囲の反応を綴っている。

りゅうちぇるからは「色々ありますけど頑張りましょうねお互い」と励まされたという。それは「芸歴15年の私が 大型新人に励まされました。もうこの際、一旦同期」と悔しさを通り越して心にしみたようだ。「ありがと りゅうちぇる。いや、りゅうじ」と感謝していた。

そんな若槻千夏だが、久々に雑誌取材のオファーがあったと喜んでいる。ただ、ファッション誌ではなく月刊オカルト情報誌『ムー』の取材だ。いったいどのような形で登場するのだろうか。場合によっては若槻千夏が芸能界で再ブレイクするための新しい一面を見出すきっかけになるかもしれない。

出典:https://www.instagram.com/wakatsukichinatsu
出典:http://ameblo.jp/wakatsuki-chinatsu-japan

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス