何ヶ月の頃だったか記憶が曖昧なのですが、日曜日のことです。朝目が覚めると自分以外の3人が寝てまして、久しぶりの1人の時間でした。「あぁ…ひとりで行動できる…そうだこの隙に家を出よう」毎日エンドレスで続く双子の育児

朝早く出勤して夜遅くまで帰ってこない、おまけに休日も仕事の疲れを言い訳にダラダラしているくまさん。私は一体いつ休めばいいのか…。イライラやモヤモヤが募り、この瞬間にまっさきに思いついたことでした。

そうこうしている間に誰かが起きたらもう出られない。早くこの家から出なければ!

前回のエピソード:カミカミタイプも、拭き取りも、実はNG?!正しい歯磨き方法と我が家の双子

化粧もせずに、ささっと着替えてそっとアパートを出ました。行き先は近くのファーストフード店。適当に朝メニューを頼み、窓際に腰をおろして外を眺めながら朝食を食べました。

お店で食べるのも久しぶりだし、一人で食べるのも久しぶりだし、子ども産む前はこうやって一人でいることが「当たり前」だったんだよなー。と、出産前のことを思い出す。

そこから数分後くらい。

そんなことを考えはじめたら、自然と食べるペースが早くなり…。

はっと我に返り、食事を食べ終わると同時にすぐ家に帰りました。

結局誰にも迷惑をかけずに終わった家出でした。初日はこんな感じでしたが、こんな短い時間でも思った以上にリフレッシュできたので、このあとも「早朝家出」は数回行われました。ひとりの時間ってやっぱり大事ですね。

ぐっちぃさんの関連記事:買い物NG?夕方にのんびり昼寝?オレも疲れてる?「休日の夫」に物申す(怒)!

著者:ぐっちぃ
年齢:30代後半
子どもの年齢:6歳の双子

新潟県在住。働く主婦。30歳で一卵性双生児「こまめ」と「のまめ」を授かりました。只今保育園年長。女子力高い2人の女子トークについていくのに精いっぱいです!

お母さんがんばる!「双子を授かっちゃいましたヨ☆」というブログで妊娠~現在までのブログも描いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

赤すぐ みんなの体験記のおすすめ記事】


権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス