出典 https://www.amazon.co.jp

フレッシュパーソンのためのあたらしい教科書「やるじゃん。」ブックス最新刊『世界一わかりやすい最重要ワード100』が、2016年9月10日(土)に発売された。就職活動から上司・取引先との雑談まで、社会人として「知らない」では済まされない最重要ワードがこの一冊に詰まっている。

ビジネスの世界では、知っていると仕事が効率的になったり、質を上げることのできる考え方や言葉がたくさんある。「MECE」「AIDMAの法則」「KPI」「カリギュラ効果」などなど…。

しかし、これらの言葉をすべて正しく理解し、活用できている人がどれだけいるだろうか。わからないまま、知らないまま、なんとなく「まあいいか」と思っているのではダメ。将来大きな損をしてしまうかもしれない。

同書では、最重要ビジネスワードを身近な例え、図表、絵などを交えてわかりやすく解説。世の中にあふれるビジネスワードを「自分の行動力や思考力を上げる方法」「マーケティングに役立つ概念」「会社の戦略を練るための考え方」「営業やコミュニケーションに役立つ心理学テクニック」「基本の金融経済ワード」の5つの章に分けて紹介している。

また、それぞれの項目の最後には簡単なクイズも掲載されており、自身の理解度を確かめながら読み進めていくことで確実に言葉が浸透していく。ビジネスマンとして活躍するための基礎体力となる考え方・知識が詰まっているので、ほかの人と差がある「やるじゃん」な社会人になること間違いなしだ。

※掲載内容は変更になる場合があります。

この記事で紹介した書籍

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス