記事提供:gooランキング

「原作を超えたアニメと言えば?」「けいおん!」「異議なし!!」

漫画を原作としたアニメって、現在でもどんどん制作されていますよね。元々ストーリーが絵として描かれている漫画ですから、実際に放映されたアニメと比較される事もかなり多いかと思います。

そこで今回は「アニメが原作漫画を超えてしまったと思う作品」を調査・ランキングにしてみました。おそらく(#^ω^)ピキピキとなる方も多いと思いますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

1位 ルパン三世
2位 銀魂
2位 クレヨンしんちゃん
4位以降のランキング結果はこちら!

1位はモンキー・パンチ先生の「ルパン三世」!

ナンセンス、コメディーなど大人向け要素を多分に含んだアクション漫画「ルパン三世」が堂々の1位に。原作超えの理由としましては、原作漫画の描きたかったものとアニメで表現したものが大幅に違ったことが原因だと考えられます。

原作はどっちかと言うとなかなか大人で、しかもコメディやシュールな笑いがわからないと理解できない展開、漫画でもありえないだろ!っとツッこまされる展開、性描写などがあり、いわゆる全年齢層向けに制作されていなかったからです。

それでもアニメの1期は打ち切りになりましたが、キャラクターや構成やオチなどをより全年齢向けに直すことで、今や日本では知らない人間はいないと言える作品にまで上り詰めました。

2位は空知英秋先生の「銀魂」!

PTAが大激怒するのが恒例になっている歴史パロディギャグの「銀魂」が2位にランク・イン。

アニメでもキャラクターたちの掛け合いや、反則すれすれの無許可パロディなどが受けた作品なのですが、漫画上だと吹き出しと文字が多めになり、そのスピード感なんかを表現しきれない感がいなめませんでした。

同率2位には臼井儀人先生の「クレヨンしんちゃん」!

アニメ化前は性的表現が度々登場し、世界情勢を皮肉ったエピソードなども描かれていた「クレヨンしんちゃん」が同率で2位を獲得。

どちらかといえば1位のルパン三世と似たような理由で、アニメ化のホームコメディへと原作の社会風刺とも取れる表現などが比較された結果のようです

いかがでしたか?筆者は同僚に勧められてけいおん!を見た後に原作を見せられて、生まれて初めて「原作超えてる」と思いました。

今回は「原作超えたアニメランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~49位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)

調査期間:2016年8月24日~2016年8月29日

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス