「生涯で2人に1人はがんになる」と言われているほどがん患者の増加している近年。電車で隣り合わせた人と自分のどちらかががんにかかる可能性があるのです。それはあなただけではなく、あなたの大切な人、家族も同じ。25歳でがんに羅患、その後再発を経てどん底からはい上がり、がん経験者さんのインタビューを続けている岸田徹さんをご紹介します!

この男性。普通の元気な若者に見えますよね。2012年に希少がん(胎児性がん)にかかり、2015年に再発、現在は経過観察中の岸田徹(キシリトール)さんです。

1. えっ!あと5年生きられる可能性も半々なの!?

岸田さんがかかったがんは原因不明、頸部リンパ節、縦隔、腹膜リンパ節などに転移。5年生きられる可能性も48%程度だということでした。

メディアなどからの情報で聞いたことはあるかもしれませんが、抗がん剤の副作用は本当に辛く、いつもはポジティブな岸田さんも「どうしてこんなに辛い思いをしないといけないんだ……」と落ち込んだそう。

2. 家族を励ますのが大変だった

岸田さんが、宣告をうけて大変だったのは家族を慰めることだったと語っています。
ご両親にとって大事に大事に育ててきた子どもが急にがんにかかった、という事実を受け止めるのはあまりに辛いこと。徹さんを出産したときの感動や、初めてのあんよ、小学校の入学式、我が子がちゃんとできるのか心配でドキドキしながら見守った授業参観。やっと一人前になった!と思った成人式などさまざまなシーンが脳裏をめぐりめぐったことでしょう。

3. 「性的なアイデンティティー」を失ったと絶望した

手術後の岸田さん

出典 https://readyfor.jp

手術後、「射精障害」を患った岸田さん。射精がうまく行われないという症状です。「もはや男ではないんだ……。子どもを持つことはできないんだ」と絶望感に襲われたそうです。女性が「子宮がん」や「乳がん」で性的アイデンティティーに悩むことは報道などでよく知られています。「女ではなく、男ではない、じゃあ私とはなんなのか。子どもを作ることができない私の価値は……。」と思ってしまう人が多いようです。※現在は、射精障害は治る可能性もあるという情報を得ています。

4. 僕は今日も歩く

それでも、学生時代に世界一周をした経験から「なんとかなる」という気持ちで、毎日少しでも歩くようにしたそう。体力がない状況では少しの距離でも体が非常に重く、歩くのも一苦労です。それでも体力をつけようと歩き続けた岸田さん。今では日常生活を普通に送れるほどに回復しています。

5. THINK BIG(大きく考えろ!)

岸田さんが闘病中に言われて嬉しかった言葉です。「この経験はただつらいだけのものじゃない。必ず糧になる。」と思わせてくれたそうです。

6. だから僕はがんノートを始めた

がんにかかったと知ったとき、いろいろな疑問が頭をかけめぐったそうです。医療情報だけじゃなく、「家族にがんのことを話すタイミング」「仕事はどうすればいい?」「お金は?」というような他のがんにかかった人たちはどうしているんだろう?という疑問。

当時わからなくて困ったから、動けるようになった今、僕ががん経験者さんに直接インタビューしてほかのがん患者さんに伝えよう!と思ったそう。

がんノート第1回放送

出典 https://readyfor.jp

がんノートとは、がん経験者さんに直接インタビューしてそれをニコニコ生放送で流すというもの。ホームページにはその要約も掲載されています。今までに取材したがん経験者さんは実に50人。2年間で4500分ものインタビューを行っています。

7. 人生を面白くいきたい!!

第31回ゲスト原澤さん

出典 https://readyfor.jp

がんになったからといって、全てが出来なくなったわけではない。できる事もたくさんあるはず。いっぱい面白いことを考えて乗り切っていけたら嬉しいです。

出典 http://gannote.com

8. がんノートを本で読めるように

「がんノート」公開生放送にて

出典 https://readyfor.jp

がん患者さんはみんながみんなPCを見られるわけではありません。ニコ生で経験者さんインタビューを発信していますが、「見逃してしまった!」という声もよく聞かれます。岸田さんはがんノートを書籍化して、ベッドの上でも、どうしても落ち込んでしまって家族とも話したくないと思ったときにも手にとってもらえるようにと思っているそう。

第44回ゲスト・鳥井さんと

出典 https://readyfor.jp

この本の書籍化にかかる資金をクラウドファンディングサービスREADYFORで集めています。がんにかかっても、とびきりの笑顔でほかの患者さんや経験者さんも笑顔にしてしまうスーパーポジティブな岸田さんの活動を応援したいですね!応援は下記URLから!

この記事を書いたユーザー

Readyfor このユーザーの他の記事を見る

日本最初・最大のクラウドファンディングサービスです。いろいろな想いのあふれるプロジェクトがたくさんあります。感動体験、お得情報をお知らせできればと思っています。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • 社会問題
  • 育児
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス