女性にとってレイプは最も屈辱的な犯罪です。女性が「NO」と言っているにも関わらず性行為に及んだ場合は、夫婦間でも立派にレイプは成立します。一般的にレイプ被害は顔見知りの犯行が多いとされていますが、このほど、去年の5月に友人である女性をレイプした男性が、ウェスト・ヨークシャー州にあるブラッドフォード刑事裁判所に出廷したと、英紙『Metro』が報じました。

友人女性をレイプした罪で起訴された男

Pinned from metro.co.uk

ライアン・ファルコナー被告(24歳)は、数年来友人関係を続けていた21歳の女性と、WhatsAppというアプリを使って頻繁にチャットをしていました。被告には恋愛関係に当たる別の女性がいて、幼い子供までいたと言います。

ところが、当時20歳だったその友人女性にファルコナー被告は、裸の画像を送るように頼んだり、性的関係を要求するようなメッセージを送ったりするということを繰り返していたそう。

女性は被告に全く恋愛感情がなく、あくまでも友人としてみていたために適当にはぐらかしていましたが、2015年の5月16日に、女性が被告を両親と共に住む家に招待した時に悲劇が起こってしまいました。

「どうしていいかわからない。追い詰められてるわ」

Pinned from metro.co.uk

女性はファルコナー被告に部屋でのしかかられ「やめて」と言っているにも関わらず、性行為に及ばれた、と裁判で主張。その後、女性がファルコナー被告に送ったメッセージも明らかになりました。

絵文字付きのメッセージで返信

Licensed by gettyimages ®

「ライアン、ちょっともうどうしていいかわからない。あなたが私を追い詰めてるのよ。」と送ると、ファルコナー被告は「僕もだよ。でも、そんなに自分を追い詰めないで。良いことに目を向けるようにしてみてよ。君が僕ともう会いたくないならわかるよ。」と返信。

更には、「僕も悲しいよ。友人関係を壊したくなかったんだけど。ごめんね」と悲しい絵文字付きのメッセージを返信していたことも明らかになっています。レイプしたことをまるで意識していない文章といっても過言ではないでしょう。

「合意の上でしたこと」

Licensed by gettyimages ®

ファルコナー被告は、裁判で「女性とは合意の上だった」と主張していますが、女性は「やめて」と言ったと主張。女性が送ったメッセージにも「やめてっていったのにあなたはしたじゃないの」「良いことに目を向けるようにですって⁉私、あなたにレイプされたのよ」と伝えています。

両親と一緒に住んでいる女性が、なぜ階下にいる両親に助けを呼ばなかったのかという疑問に対しては「ただ硬直してしまい、助けを求めるために叫び声を上げることができなかった。親にレイプされたことを知られたくなかった」と法廷で述べたそうです。

加害者にとって自覚のないレイプの恐ろしさ

Licensed by gettyimages ®

レイプ事件の裁判は、立証も難しく、被害者にとってトラウマでしかなりません。一日も早く忘れたい出来事であるにも関わらず、裁判で何度も何度も思い出さなければいけないという苦悩は深く、傍聴者の視線や検事、裁判官の無神経な質問にも耐えなければならないという辛さがあります。だからこそ被害を受けても、被害者が泣き寝入りしてしまうケースが絶えないのでしょう。

日本でも女優の二世が不祥事を起こして話題になっていますが、性行為は、互いの「合意」であったとしても、途中で女性が「NO!」といえば行為を続ければそれはレイプになります。ファルコナー被告は、「ごめんね」と絵文字付きのメッセージを送っている段階で、罪の意識もなく「レイプ」ではないという確信があったのでしょう。

どんなケースでも、裁判沙汰になれば傷つくのは被害者。ファルコナー被告の裁判は今後も続く予定だそうですが、「自覚のないレイプ」は一番悪質だということを実感せずにいられません。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス