こんにちは、名取綾子です。

先日、ネットニュースで、渋谷駅で一般男性が撮影した【幼児虐待 衝撃の動画】という動画がかなり話題になっていました。

そして、その母親を誹謗中傷する世論のあまりの多さに、ビックリしました。

母親側を全面的に擁護するつもりはありません。 でも、避難覚悟で言います。 

その母親の気持ちが理解できてしまう自分がいます。

最近3歳になったばかりの娘を持つ母親の、私の意見を聞いてください。 

さすがに、キックで頭を蹴り倒したり、公共の場であれほどの汚い言葉使いで罵声を浴びせたことはありませんが…。周りから見たら、私の行動が、この動画と似たような状況に映ったんだろうなぁ、という心当たりが私はあります。 

大きなスーパーで娘と2人で買い物中、一目散にどこかに走っていき、一瞬でどこにいるか分からなくなる我が子を、大きなカートを持ちながら追いかける。 (※その時期、娘はカートのイスに座るのを頑なに嫌がる時期でした。)

「待って!待って!ママのそばにいて!迷子になっちゃうから!」 

と、必死に追いかける私。 

でも、興味のあること、楽しいことに食いついたら周りが見えなくなるお年頃の子どもには到底通じない。 私の声を無視して、店中を走りつづける我が子。 

買い物どころでなく、ただ我が子を必死に追いかけ回すので精一杯。どうにかこうにか捕まえた時に、感情が高ぶった私は、娘の頬をペシャリと叩いた。 

その衝撃でその場に倒れ、ビエーンと泣き出す我が子。 

それを見ていた誰かは、私の事を虐待ママだと思ったかもしれません。 でも、我が子のことは大好きだし大切な存在なのは本当に嘘ではありません。 

今、自分がぶちあたっている、2〜3歳児の育児は、毎日が戦争です。 親がどんなに急いでいたり余裕がなくても、子供は親の思い通りには動いてくれません。 

着替え一つさせるだけでも、汗だくです。 家事をしていても、子供のグズリや要望を聞くために幾度となく家事を中断。 ウチは、朝から晩まで旦那が仕事でいないので、旦那のお給料で生活をさせてもらっていますが、朝から子供の寝かしつけまで子供と2人。 気分的には母子家庭のような気持ちで、精神的に余裕がありません。

心穏やかに優しく子育てしたいと、どんなママだって思ってます。 でも、ママだって、所詮、完璧な人間じゃない。 感情的になりたくなくても、どうしても押さえきれないことだってある。 

日中子供に付きっきりで世話したことの無い男性(夫)や、子育て経験の無い独身者が見たら、幼児虐待に映ってしまう行動をしているかもしれない。 

現実、うちの夫の心の内には、 

「主婦は、家にいて、子供のそばにいて、家事だけしてて楽でいいなあ。」 

という感情が存在します。 

何事も、やったことがない人には理解できないことが、どうしてもあります。 さすがに、この動画は行きすぎた例だとしても…。

世の中のママは、自分に余裕がない時に我が子に感情的に言ってしまった言葉や行動に対して、日々反省しながらも、必死に子育てしてるんです。 特に、小さい子供を持つ新米ママは、あくまで子育ての初心者です。完璧な子育てをしたくても、理性よりも先に感情が先走って、子どもに強く当たってしまうことだってあります。 そのたびに、自分の未熟さや弱さが悔しくて、子供の寝顔を見ながら涙が溢れてくるんです。 

このニュース、動画を見て、この母親の姿が自分と被ってヒヤッとしたママは少なからずいると思います。私はこの動画を見て、日頃の自分の余裕の無い時の子供に対する姿と被って、胸が張り裂けそうになりました。そして、母親を非難する世論の余りの多さに、悲しくなってしまいました。

公共の場所でも、溢れるイライラの感情が抑えられなくなる母親の気持ちが理解できてしまう自分…。それに、公共の場では何とかイライラを我慢して、誰にも知られずに家の中では、やり場の無いストレスを子供にぶつけざるを得なくなっている母親もいるはず。

小さな怪獣の扱いに戸惑いながらも、加減して接してるつもりが、子供を産んだからといって仏になれるわけでは無くて。

虐待死のニュースの加害者になる母親。これは、元々母親になる能力が足りなかった人格障害者もいる。でも、元々は我が子を愛して、必死に子育てしてた普通の母親が追い詰められた結果の場合もある。

こういう事件が起こる度に、

「周囲の助けは得られなかったのか」

が問題視されます。でも、言い方を変えれば、

「事件になるまで、周囲に母親の苦悩が理解されない」

のも、大きな問題だと思います。とても複雑な気持ちです。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス