記事提供:R25

恋愛において、男性は「名前を付けて保存」、女性は「上書き保存」と、気持ちの切り替えに違いがあるといわれている。この説が正しければ、別れた後に引きずるのは男性になるが、恋人との別れのツラさを乗り越えるのに必要な期間は、本当に男女で異なるのだろうか?

 20~30代の独身男女400人(各200人)にアンケートを行い、「別れた恋人への気持ちを整理できた期間」を調査した。(R25調べ・協力/アイリサーチ)

直近で別れた恋人への気持ちを「整理できた」のは何日後?

男性平均 125日

・20代…44日
・30代…157日

女性平均 108日

・20代…62日
・30代…133日

男女の平均日数を比較すると、「17日差」で男性の方が長引くという結果に。ただし、今回の調査では、年齢によってその傾向がやや異なることもわかった。

20代と30代で切り替えの長さに違いが出るのは男女ともに同じだが、20代では男性の方が整理までの日数は短いのだ。もしかすると、若い男性は別れに対して淡泊な傾向があるのかも?

ちなみに気持ちを整理するのに「最も時間がかかった期間」はというと…。

気持ちを整理するのに「最も時間がかかった」期間は?

男性平均 197日

・20代…110日
・30代…231日

女性平均 240日

・20代…206日
・30代…257日

女性の方が平均で40日以上も長くなる結果に。別れが“大ダメージ”になりがちなのは女性ということか。また、20代の男女の差は約2倍と顕著で、30代は結婚がより意識される年齢から真剣交際が多いためか、どちらも200日以上を超えている。

なお、その時のエピソードを聞いたところ、以下のような声が寄せられた。※コメント後のカッコ内は、整理がついた日数/年齢

■男性のエピソード

「一緒の職場にいたので、吹っ切りづらかった」(30日/30歳)

「新しい彼女ができたら気持ちの整理がついた」(60日/28歳)

「今でもときどき1人たたずみ思い出す」(180日/33歳)

「転職などして気が付けば、これ位経過してました」(365日/35歳)

■女性のエピソード

「1カ月間はメールもしてて、整理がつかなかった」(30日/29歳)

「他に好きな人ができたから別れたいと突然言われて、ショックで忘れるのに時間がかかった」(90日/35歳)

「最初の2カ月くらいはまだ復縁できるかもと思っていた。その次の数カ月は相手の動向が気になった」(180日/33歳)

「何をしても楽しくない日が一年くらい続いたから」(365日/35歳)

ちなみに、別れた相手が聞いたらちょっと切ない気がするが、気持ちの切り替えまで最も短かった期間は以下のとおり。

気持ちを整理するのに「最も時間が短かった」期間は?

男性平均 15日

・20代…7日
・30代…19日

女性平均 16日

・20代…17日
・30代…16日

「最も短かった期間」では、平均は男女でほぼ変わらない。特に期間が短い回答者のコメントを見ると、

「早く別れたかった」(0日/32歳/男性)

「別れようと決意してから別れるので」(0日/26歳/女性)

「別れる前から、もうそろそろ別れると思っていたから」(3日/30歳/女性)

など、すでに別れる決心を固めていたり、別れの予兆があったりしたことが、ダメージの少なさにつながったようだ。

「元恋人への気持ちを整理できた期間」の男女差を明らかにした今回の調査。意外にも、若い男性については、女性よりも立ち直るまでの期間が短い、という結果になった。次の恋に進めない男性は、「女は“上書き保存”だからいいよな…」なんて性差を理由にはできないかも?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス