記事提供:Conobie

運動会の季節。小さいころ、私はこの季節が大キライでした。

私が小学生のころ。足の遅い私にとって、運動会はただただ憂鬱でした。それなのに、小学5年生の時に、地区リレーの選手に選ばれてしまいます。

理由は、この地区の学年が私一人だったため。周りには速い子ばかり。しかも、一人で走るかけっこと違って、地区の代表として走る…

それは私にとって苦痛でしかありませんでした。

自分が嫌いな私に、母が送ってくれたエール

私は運動会の季節になると、この時のことを思い出します。自分に自信がなくて、自分のことが嫌で嫌で仕方なくなった私に母が送ってくれたエール。

「一生懸命やったことに自信を持って…」

「そんな自分に誇りを持って…」

自分が母になった今。もしも、我が子が同じ思いを抱いた時には、こんなエールを送れる母になりたい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス