記事提供:サイゾーウーマン

志茂田景樹さん。この日のファッションも個性的!

派手なファッションやユニークなキャラで知られ、メディアにも多く登場している、作家・志茂田景樹さん。最近はタレントのりゅうちぇるとテレビ番組で共演したことから、「しもちぇる」という愛称で、若い世代からも支持を受けています。

その一方で、絵本の読み聞かせは20年以上続けており、8月5日に発売された書籍『天国ポスト~もう会えないあの人に想いを届けます。』(トランスワールドジャパン)では監修を務めるなど、幅広く精力的な活動を続けています。

そんな志茂田さんに、76歳という年齢でなぜ若者に親しまれているのか、そのパワーの根源は何かを聞きました。

社会になかったものが出てきたら、好奇心を持って取り入れてみる

――最近は、志茂田さんが作家だということも知らないであろう若い世代からも、注目を集めていますね。年配の方の中には「最近の若者はダメだ」なんて言う方もいますが、志茂田さんは若者のことを、どう捉えてらっしゃいますか?

志茂田景樹さん(以下、志茂田) 
「最近の若者はダメだ」なんて、1000年も2000年も昔からどの世界でも言われてきた、万国共通のものだと思っています。年配者は若者と価値観が違い、その価値観の枠から、はみ出さないようにして生きています。

だから、若い人たちとズレが生じ、若い人たちのことを理解できないんです。新しい人たち、つまり若い人たちが新しいものを築いていくから、時代が変わるのです。

それは、言葉やファッションも同じです。その変化を受け入れて、吸収していくくらいでないと、ただ老いて亡くなるだけになっちゃう。

――とても柔軟な発想をされているのですね。では、どうしたら、そのように自由な発想を生み出し、継続させられるのでしょうか?

志茂田 
それまで社会になかったものが出てきたら、それに注目するということです。そして、取り入れる。簡単に言えば「好奇心」です。好奇心というのは、今まで自分が気づかなかったり知らなかったりしたものに興味を持つことです。

例えば、ポケモンGO。あれは一過性の流行だと思うのですが、仕組みだけはきちんと頭に入れておくことが重要です。

無料で簡単にダウンロードできるのですから、実際にやってみて、なるほど、このスポットに行けば力を得ることができるのだな、こうすればポケモンを強くできるのだなと、知っておく。頭に入れるだけで、別にハマる必要はないんです。

そしたら、これがポケモンGOか、とわかるはずなので、それから、「でも、こんなことをやっていたって時間のムダだな。自分はもっと違う、新しいことをやってみたい」そう思えばいいわけです。好奇心を大切にする。否定してはダメ、吸収するんです。

若者の文化を取り入れているかどうかは、カラオケに行くとわかるんです。年配の人は古い歌ばかり歌って、AKB48なんて歌わないでしょ? 

そういう年配の人を若い人が見ると、生きていてもしょうがないなと思ってしまう。だから、古い世代が一生懸命努力して、好奇心をもって、新しいことに近付いていかないといけません。

現代の若者たちは打たれ弱く、人間関係を平穏に保ちたがる傾向

――志茂田さんは、Twitterを利用して若者の悩み相談にも乗っていらっしゃいますが、なぜ、多くの若者から悩み相談が寄せられるのだと思いますか?

志茂田 
SNSでは、面と向かって言いにくいことでも、言いやすいんでしょうね。身元を知られての相談とは違うので。中には冷やかしもあるかもしれませんが、「死にたい」という深刻な相談もあります。

でも、SNSで「死にたい」と相談してくる人は、構ってもらいたい、あるいは自分のことをわかってもらいたいだけです。本当に死にたい場合は、Twitterで「死にたい」とはあまり言いません。

たまに、本気で死にたいと悩んでいる人がいるのですが、その場合は、「死にたい」とツイートした後、しばらくツイートの間を置いて、また「死にたい」と繰り返し投稿する傾向があります。

そういう人には「死んではいけないよ」と言うよりも「生きていく方がいいんだよ」と言います。

Twitterは、いろんなフォロワーの目につきます。「死にたい」というツイートを、私があえて引用リプライで多くのフォロワーに見せることによって、過去に自殺未遂をして今は立ち直った人から、励ましのリプライなども届く場合があります。

大勢の人から「死ぬのはやめろ」と言われると、死ぬ気がなくなっちゃうんですね。それで、半年くらいたってから「以前、死にたいと言った者ですが、今は元気で生きています」というリプライが届いたこともあります。

――昔の若者と、現代の若者とでは、悩みの種類は違ってきているのでしょうか?

志茂田 
基本的には変わりません。今も昔も、恋愛や病気の悩みが多いですね。でも、病気の悩みで圧倒的に違う点は、僕らの若い頃は結核や治療しても治らない病気の悩みが多かったんですが、今は圧倒的に心のリズムを崩してしまったという悩みが多いです。

あとは、家族関係や、親との折り合いの悩み。20代後半で結婚している人は、義父や義母との折り合いを相談してきますね。

「義母との折り合いが悪くて、困っているんですよ」と言ってくるので、同居しているのかと思いきや、同居はしておらず、義母から電話でガツンと言われて、「もうこんな義母とは、やっていけない」と言っているんです。

昔は義父や義母と2世代、3世代と同居して、本来他人だった人たちと暮らしていたわけで、その中で義父や義母との仲に悩んでいた人もいます。

しかし、義父や義母に嫌みを言われようが、平気で家に帰ってきていました。核家族で育った子は、家族関係に打たれ弱いんです。

友人同士の関係も、昔とは違います。僕らの若い頃は、友人とケンカをした際、仲介して仲直りをさせてくれる人がいました。でも、今の若い人たちは、波風が立たない友人関係です。

「俺も出過ぎないからお前も出過ぎるなよ」と、暗黙の了解があり、和気あいあいとしていて、よっぽど突っ張っている人でないと、殴り合いのケンカなんてしません。

昔の若者は、ツッパリでなくても、居酒屋で飲んでいて口論になると「表出ろ!」と、よくケンカをしたものです。

あまりケンカをしない現代の若者は、平穏でいいようですが、これからを担う人たちなのだから、もう少しヤンチャをしてもいいのではないかなと思うこともありますね。

勇気を持って、もっと自分を出していってほしい

――志茂田さんは、絵本の読み聞かせを20年以上続けておられますが、読み聞かせを始めたきっかけや、続けている理由を教えてください。

志茂田 
1996年に小さな出版社を立ち上げたので、全国各地の書店でサイン会を始めたんです。ちなみに、まだその頃は、絵本や児童書は出していません。

当時、サイン会をしていた書店はショッピングモールに入っていることが多く、サイン会中、僕の本とは関係なさそうな、子どもを連れたお母さんなどの野次馬が集まってくるんですね。そして、野次馬たちは数分単位で入れ替わっていきます。

ある日、福岡の岩田屋というショッピングモールに入っている書店のリブロでサイン会をしたのですが、そこのフロアは半分がリブロ、半分が玩具売り場で、玩具売り場の方には子どもたちがたくさんいました。

こんなに子どもたちがいるならば、読み聞かせをしようと思ったのが、始めたきっかけです。実際に読み聞かせをやってみると、子どもたちだけでなく、大人たちまで物語の世界に入り込んできて、それをやった僕自身も爽快な気持ちになりました。

続けていくうちに、読み聞かせをすることで、子どもたちが活字の世界に興味を持ってくれるのではないかという思いも生まれてきました。

――志茂田さんが、若い世代に伝えていきたいこととは何でしょうか?

志茂田 
先ほど、最近の若者は波風を立てない友人関係を好む傾向にあると言いましたが、若い人たちは、もう少し自分を出していいのではないかと思います。ファッションでもいいし、自分が向いていると思うことでもいいので、もっとそれに打ち込む。

今の若い人たちは、何事も結構うまくこなせるのですが、自分が特にやりたいことをもっと強くやると、周りに不協和音を立てずに、自分を出していくことができるんじゃないかなと思います。勇気をもって、自分を出していくことが大事です。

昔だと、友人5~6人で自主映画を作ろうということになったら「俺が監督をやる」「いや、俺が監督だ」って、やりたいことの取り合いになっていたのですが、今の人は、それぞれがどの役割に向いているか把握していて、ぱっぱっと、なんでもすぐに決められます。

ある程度、和をうまく保つことができる世代です。自分に向いている事柄の中ならば遠慮はいらないので、もっと自分を出していけるのではないかと思います。

それぞれが得意分野をつなぎあわせて自分を出していくと、仲間との絆も強くなり、大きなプロジェクトが生まれると思いますよ。

志茂田景樹(しもだ・かげき)

1940年、静岡県生まれ。中央大学法学部卒。さまざまな職を経て1980年、『黄色い牙』で直木賞受賞。多彩な作品を発表する傍ら「よい子に読み聞かせ隊」を結成、2014年日本絵本賞読者賞受賞。多ジャンルで活躍し、読み聞かせ&講演の開催数は1800回を超える。

Twitter

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス