記事提供:しらべぇ

友人の結婚式は、盛大に祝ってあげたくなるだろう。だが中には、結婚式に浮かれるあまり周囲が見えなくなって、参列してくれた友人たちに失礼千万な行動をする新婦がいるらしい。しらべぇ取材班は、女性たちに「新婦にされたムカつくトラブル」を聞いてみた。

1. きちんとご祝儀を入れたのに…

「学生時代からの付き合いがある女友達が結婚することに。お祝いとして3万円を包んで、きちんとご祝儀袋に入れて受付でお渡ししました。

しかし結婚式後に、新婦から連絡がきて『ご祝儀袋にお金が入っていなかったんだよね』と言われ。私としては間違いなく入れたし『???』な状態。

きちんと入れたことを伝えても、新婦も『でも他の人のはちゃんと入っているから、あなたのだけ盗まれた可能性もない』と。さらに『もう1回3万円送ってくれる?』とまで一方的に言われて。

私はちゃんと入れたし、お断りをしたら…。『結婚式でタダ飯食べて、引き出物までもらって金も払わないってなに? 私の結婚式なんだと思ってんの? 泥棒!』と暴言を吐かれました。

この連絡を最後に疎遠に…。青春時代を一緒に過ごした友人の結婚を純粋にお祝いしたくて、欲しい物まで我慢して3万円ためて参列したのに、泥棒呼ばわりされて悲しかったです…」(Nさん・28歳)

出典しらべぇ

2. 「お車代を出すから来てね」と言われたのに…

「中学時代からの友人が結婚することになり。彼女は千葉で結婚式を挙げることになったんですが、私は結婚をして大阪に住んでいて…。

千葉まで行くお金の余裕もないし、小さな子供(1歳と3歳)もいるし、お祝いだけ贈って結婚式への参加はお断りしようと思っていました。

しかし『お車代も宿代も出すし、子供の託児所代も出すから、絶対きて!』と言われ、行くことに…。車での高速代、ガソリン代、宿代、託児所代などを入れて10万円は越えました。

でも結婚式後に待てどくらせど、お車代はもらえず。帰宅後に『お車代…』という連絡を入れましたが、一切返信なし。

そのくせFacebookにはせっせと結婚式の写真や『こんなに友達が参列してくれて幸せ~』と友人から慕われている風な姿をアップ。大嫌いになりました」(Sさん・35歳)

出典しらべぇ

結婚式はおめでたい一方で、人との縁を切らせる機会にもなるのかもしれない。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス