最近の芸能界では有名人の子供で「2世タレント」といわれる方の活躍がとても多いですよね。そこで今回は「2世アーティスト」と呼ばれている、親が有名人のアーティストを5人ご紹介します!あなたの知らない親子関係があるかも?!

◆ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)

出典 http://blog.honeyee.com

全員が岡本太郎好きで、ラモーンズのように全員苗字はオカモト。彼らのバンド名は「OKAMOTO'S」。2010年3月にはアメリカ・テキサス州オースティンで開催されたS×SW2010へ日本人男子としては最年少で出演。その後、全米6都市を廻るJapan Nite US Tour 2010へのライヴツアーにも参戦し大成功をおさめる。

出典 http://www.okamotos.net

OKAMOTO'Sでベースを務めるハマ・オカモトさん。お父様は言わずと知れた有名芸人、ダウンタウンの浜田雅功さん、お母様は小川菜摘さんです。こちらは結構有名な親子ですよね。

浜田雅功さんとはハマ・オカモトさんがナビゲーターを務めるJ-WAVEの番組で、過去にラジオで共演したこともあります。笑い方が一緒!という声も多く、大反響となりました。

【OKAMOTO'Sの楽曲はこちらから】

◆Yuki(Young Juvenile Youth)

出典 https://twitter.com

Young Juvenile Youthは2012年より活動をスタートしたエレクトロニックミュージックユニット。 ゆう姫によるマットとグロスが絶妙に入り混じる天性のヴォイスと、マスにコミットしない硬派なスタンスで攻撃的かつ緻密な美しさを伴う作品群を国内外の様々なレーベルからリリースしてきたJEMAPURのトラックメイキングが、これまでのポップミュージックでは見ることの無かった均衡点で結線。2013年、デビュー作「Anti Everything」と「More For Me, More For You」の2作品の12inchEPヴァイナルをPhaseworksよりリリース。

出典 http://awa.fm

Young Juvenile Youthのボーカルとして活躍しているYukiさん。ご両親はなんとあの松田優作さんと松田美由紀さんです。お顔立ちが松田美由紀さんにそっくりですが、歌声は松田優作さんの独特な雰囲気が似ているような・・・?!是非歌声をチェックしてみてくださいね。

【Young Juvenile Youthの楽曲はこちらから】

◆和田唱(TRICERATOPS)

出典 https://twitter.com

1997年にbounce recordsよりミニアルバム『TRICERATOPS』のリリースを経て、同年7月にシングル「Raspberry」でエピックレコードジャパンよりメジャーデビューを果たす。 1999年、シングル「GOING TO THE MOON」がポカリスエットのCMに起用されると、バンドの知名度が一気にアップし、同作はオリコンシングルチャートのトップ5にランクインした。

出典 https://ja.wikipedia.org

今年の5月に女優の上野樹里さんと結婚したことを発表した、TRICERATOPSのボーカル、和田唱さん。報道で既にご存じの方も多いかと思いますが、和田さんのお母様は料理愛好家の平野レミさんです。パパっと手早く進めていくイメージの強い平野レミさんですが、和田さんの歌声は、ゆっくりと心に染み渡るような感じがします。


【TRICERATOPSの楽曲はこちらから】

◆古舘佑太郎

出典 http://www.yutarofurutachi.com

2015年3月自身が率いていたバンドThe SALOVERSが無期限活動休止。約半年後の10月21日にソロアルバム「CHIC HACK」をリリース。音楽活動の他に、舞台、映画、ドラマ等で役者としても活動中。

出典 http://www.yutarofurutachi.com

現在活動休止中となっているThe SALOVERSのボーカルとギターを担当していた古舘佑太郎さん。お名前を聴いてピンときた方もいると思いますが、お父様はフリーアナウンサーの古舘伊知郎さんです。とても聞きやすい古舘伊知郎さんの声を引き継いでいるのか、耳に心地よい歌声ですよ。

【The SALOVERSの楽曲はこちらから】

◆尾崎裕哉

出典 https://www.facebook.com

1989.7.24生まれ。
日本生まれアメリカ育ち。慶應義塾大学大学院卒。

出典 http://www.hiroyaozaki.com

先日メジャーデビューすることが発表されたばかりの尾崎裕哉さん。お父様は心の叫びのような世界感で共感を呼んだ尾崎豊さんです。先日のコンサートの時にはお父様の話をされていました。

尾崎は「僕は今年で27歳なんですけど……」と話し始める。「僕の父親は26歳で亡くなったんです。父親の年齢を超えた、27歳の決意を曲に書きました」と語った彼は、自身が背負った宿命や運命と共に生きていく決意を表現した「27」を披露する。最後の曲は「始まりの街」。尾崎はこの日の24:00から、この曲を配信リリースすることを発表して観客から大きな拍手を浴びる。そして「ようやく音源を世の中に出せて、とてもうれしい気持ちでいっぱいです」と笑顔で語った。

出典 http://www.hiroyaozaki.com

以前にテレビで初歌唱した際には「尾崎豊の声に似てるけど凄く優しい感じ。聴いてて鳥肌立ちました!」などの声もあがっていました。配信リリースされた楽曲の歌声は、尾崎豊さんの声を引き継ぎながらも、自身の決意が伝わる歌声になっていると思います。是非チェックしてみてくださいね。

【尾崎裕哉さんの楽曲はこちらから】

いかがでしたか?今回は有名な親子も一緒にご紹介しましたが、まだまだ2世アーティストで活躍している人は沢山います!是非音楽配信サービスAWAでそんな彼らの楽曲をチェックしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

AWA公式スタッフ このユーザーの他の記事を見る

国内最大級の配信楽曲数を誇る、定額制音楽配信サービス「AWA(あわ)」の公式スタッフがお届けする記事です。
音楽にまつわる話題の情報を発信していきます。

登録なしですぐ聴ける。音楽配信サービス「AWA」http://awa.fm/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス