記事提供:AbemaTIMES

11日、AbemaTVで『企画力芸人』が生放送された。『企画力芸人』は、企画力のあるお笑い芸人を集め、企画力によりリアルな番組作りをしたいというAbemaTVの藤田社長自らの発案により始まった番組。

お笑い芸人の麒麟・川島明が出演し「へタトゥー」をプレゼン。番組は大いに盛り上がった。

企画を提案したのは、麒麟・川島ほか、サバンナ・高橋、ブラックパイナーSOS、マッハスピード豪速球、メイプル超合金・カズレーザー、TKO・木本武宏の6組。企画審査員には、人気放送作家の鈴木おさむ、MCにはお笑い芸人の劇団ひとりを迎え、それぞれが企画を提案し番組化を狙った。

麒麟・川島は、「企画は、“ヘタトゥーGP(グランプリ)”人生何かと色々あるんですが、その中でも我こそはタトゥーでへたこいた(へタトゥー)という方を集めまして、その中のナンバー1を決めようかと思います。

タトゥーは、皮膚を使った大喜利やと思っている」と企画した番組内容を説明。「お笑い芸人の中でもタトゥーを入れている人がいる」と続け、ガンダムのアムロ・レイのモノマネでお馴染みの芸人・若井おさむを紹介した。

若井は、若かりし頃に家庭の事情で自ら命を絶とうと考えたほど悩んだ時期があった。命を絶つ前に訪ねたタイにて、“世界は、愛と平和に満ち溢れている”ということに気づき、現地で彫ったという“ワンコインタトゥー”を川島が紹介。

“LOVE PEACE”と縦書きで彫られたヘタトゥーを見るなりスタジオに大爆笑が巻き起こった。メンバーは「(まさかの)縦書き?」とツッコミを入れた。

さらに、若井は自分を産んでくれた両親への感謝の気持ちを表そうと“修”とタトゥーを入れて欲しいと彫師に頼んだが、タイ人のため「こんな複雑な漢字は彫れない」と断られてしまい、妥協し語呂合わせで“036”(おさむ)とタトゥーを彫ったと川島が説明。

サバンナ・高橋は「犯罪者や!」と大受け、川島も「囚人番号ですよね!」「市外局番みたいになってしまった」とコメントし、他メンバーも大盛り上がりだった。

若井本人は、「芸人だから面白いが、世間にはへタトゥーを消したいと思っている人がいっぱいいるのではないか」と思っていると川島は話した。

次に川島は、我が家の谷田部のへタトゥーのエピソードを紹介。

なんと、谷田部はトンがっていた学生時代に金がないため、自分でタトゥーを掘ろうとしたらしいと続け「裁縫の針に墨汁をつけて龍を彫ってやろう」「ふくらはぎに龍を彫って(周囲を)ビビらしたろうか!」と考えたと説明。

しかし、当然、谷田部の家には麻酔がなかったため激痛を感じたが『これがタトゥーを入れるということか…!

ほんなら、“限界痛い”までタトゥーを彫ったろう!』と思ったらしいと当時の谷田部の中二病具合を熱弁。…が、結果的に彫れたのは“点”だけだったと画像を紹介するとメンバーは大爆笑した。

川島は「ここ(この点)が龍の始まりだったんですけれども、あまりにも痛すぎて龍はここで死んでしまいました」「断念してしまった」と自分が持ってきたネタにもかかわらず笑いながらコメント。

そして、川島は「これは彼(谷田部)の独特な感性なんですけれども」と続け、右足(利き足)だから神経が敏感で痛くて彫れなかったのだと考え、谷田部がリベンジして左のふくらはぎにタトゥーを彫ったと、さらなる中二病っぷりを説明。

しかし、結果は痛さのあまりまたもや“点”だったとオチを語ると、メンバーは爆笑しながら「右足より小さくなってる!」と谷田部のヘタレをいじった。川島は最後に「生半可な気持ちでタトゥーを入れるな」と谷田部の教訓を代弁した。

プレゼン終了後、TKO・木本から、この企画のためにあえて“ビジネスヘタトゥー”を入れる奴が出てくるんじゃないかとヘタトゥーねつ造問題に対する懸念が挙がったが、「いや、それはアリにしましょうよ!」と劇団ひとりから冗談が飛び、「M1ぐらい盛り上がる」とまた盛り上がった。

鈴木は、川島のプレゼンに対し、「これは面白い。私も背中に妻の名前を入れていますし、タトゥーの番組ということで、出演者も集まりそう。この企画はいいですよ」と絶賛した。

番組後半では、生放送を見ていた藤田社長との電話が繋がり、鈴木から「リアルに次に繋げてもいいかなと思う企画はありましたか?」との質問に、藤田社長は「一番良いと思ったのはヘタトゥーGP。やっぱり地上波でタトゥーNGなのはずっとおかしいなと思っていましたし、テレビで映さないからずっと怖いイメージもあると思ったのでヘタトゥーというコンセプトは印象を和らげる意味で社会的な意義もあるのではないでしょうか」と高評価を下した。

鈴木が「これはリアルに決定で進めてもいいですか?」と意見を仰ぐと、藤田社長も「ぜひお願いします」と二つ返事。川島の企画案が実際に番組化されることに決定した。

(C)AbemaTV

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス