記事提供:しらべぇ

居酒屋に入ると、まず出てくる「お通し」。お店によって様々だが、200~500円ほどかかる。そんなお通し、「本当はいらないのにな…」と思いながら食べている人もいるのでは。

4割以上が「いらない」

しらべぇ編集部が「お通しはなくなればいいと思う」か調査したところ、4割以上の人が「そう思う」と回答。

半数近くの人が、お通しに嫌々お金を払っていることになる。お店側としては、少し寂しい結果だ。

女性は「お通しNO」

より詳しく、男女性年代別で見てみると、以下のように。

ほぼ男性より女性のほうが高い割合で、全年代で40%声になっている。食が細い人も多く、せっかくお店に来ているのだから頼んだものだけ食べたい・いらないものにお金を払いたくないのかも。

また、60代男性の割合の高さも気になるところ。50代と比較すると10ポイント近く上がっているのだ。「昔はそんなものはなかった、あっても無料だった」「軽く一杯飲みたいのに、数百円持っていかれるのは嫌だ」なんて意見が。

「いる派」「いらない派」それぞれの意見は?

・いる派

「乾杯した後、すぐにつまむものがないのは寂しい。味にはそんなに期待していないかな」(30代男性)

出典しらべぇ

「お通しの良し悪しで、店の美味しさがわかる」(50代男性)

出典しらべぇ

・いらない派

「たいがいのお店がポテサラとかマカロニサラダとかですが、マヨネーズが苦手なので食べれない。いつも人にあげています」(30代女性)

出典しらべぇ

高いくせにまずい」(40代女性)

出典しらべぇ

いる派・いらない派共に多いのは「お通しを出すなら数種類から選ばせて欲しい」の声。確かに安くないお金を払うので、どうせなら自分の選んだものを食べたい気持ちはわかる。

実際に選べるお店も増えてきており、どれにするか聞かれるとちょっぴり嬉しい。また、お通しとしてカニ(1000円)が出てきてテンションが上がった! なんて人も。
そんな楽しいお通しが増えたら、「いらない」声も減っていくかもしれない。

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1368名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス