記事提供:LITALICO 発達ナビ

「アレキシサイミア(失感情症)」という言葉をご存知ですか?その場で自分の感情を認識しにくい状態のことで、発達障害当事者にはよく見られるのだそうです。

私はこれが原因で、トラブルを起こしたり、体調不良に見舞われることがよくありました。困って主治医に相談したところ、ハッとさせられるアドバイスが帰ってきたのです…。

その場で反応できない「感情の後出し」、その辛さは後から罪悪感に

アスペルガー症候群とADD(注意欠陥)を持つ私には、物心付いたときから困っていることがいくつかあります。そのひとつが「感情の後出し」。

例えば、何か失礼な冗談を言われたとき、その場ではもやもやするだけで(ともすれば、もやもやすることも無いまま)気付かず、しばらく経ってから「あのとき私は悲しかったんだ!腹が立っていたんだ!」と後から思い出したように感情が湧き上がってくるのです。

嬉しい場合も同様で、特にプレゼントをもらうなどのサプライズに対しては、喜びを上手く表現できず、お礼を言うべき場面で失礼な言葉を返してしまうこともあります。

周りの人たちにしてみたら、前者のケースは「後になって蒸し返すなんてしつこい」、後者のケースですと、その場で相手の気分を害してしまう上、後日自分が罪悪感に苛まれます。いずれにしても、トラブルの原因になることがしばしばでした。

困って調べてみると、「アレキシサイミア」という言葉を発見。

発達障害の診断を受ける何年も前、この「感情の後出し」について、知人に相談してみたことがあります。

すると、「それ、ストレスが原因の心身症らしいよ。いわゆる真面目な『いい子ちゃん』や八方美人がなりやすいんだって」と指摘されました。

後になって調べてみると、それは「アレキシサイミア(失感情症)」と呼ばれるもので、知人が言っていた通りの心身症で、アダルトチルドレンとの関係性も示唆されていました。とはいえ、今ひとつピンと来ません。

なぜならこれは、私にとって幼いころからの困りごとであり、人との関わりでも、八方美人というよりは、何につけても一方的です。また、育った家庭環境も機能不全ではないので、要因としては考えにくかったのです。

その後、発達障害の診断を受け、改めてアレキシサイミアについて、調べてみる機会がありました。

わかったことは、アレキシサイミアは発達障害の人にはよくあることで、特にアスペルガー症候群とは関係が深い、という文章をいくつか見つけることができました。

どうにかしてこのストレスを回避したい!医師が教えてくれたこと

原因がわかったところで、次に知りたいのは対策です。

私の場合は、ストレスが原因で、アレキシサイミアになったわけではなく、アレキシサイミアがストレスの原因になっています。人とのトラブルを回避できても、心因性による体調不良はなくなりません

どうにかして、感情をその場で素早く認識できるようになりたい!と願っていた私は、どのような工夫が有効であるか、普段からお世話になっている、クリニックの先生に相談してみました。

すると、「その場で認識できなくても、大丈夫じゃないですか?」と先生は、にっこり回答してくれました。私は「このままずっと、辛い気分を味わい続けなくてはならないのか」と早合点しかけたところ、先生はこう続けました。

「こればっかりはどうしようもないんです。だから、できないことはできないと受け入れ、その後のケアをした方がいいと思いますよ

ストレスのあまり、大事なことを見逃していた

先生からの具体的なアドバイスは、下記のような内容でした。

●まず、その場で感情表現をしようと、焦らないこと

→そうすることで、不適切な反応を回避できる

●「自分は感情が、後出しになることがある」ということを、あらかじめ伝えておく

→誤解が生じた際に、説明がしやすくなる

「アレキシサイミアそのものが悪、ではないんです。それとどう付き合っていくか?が課題じゃないですか?」先生の言葉に、私はハッとしました。

自分の特性を無視したやり方は、自分を否定することになる。

私はこれまで、自分の特性で困ったときには、自分で考えたり調べたり、あるいは周りからの助言で知った工夫を取り入れ、辛さを緩和させてきました。発達障害の特性に由来する生活上の困難は、工夫次第でカバーできるものがいろいろあります。

例えば、短期記憶力が弱い場合はメモを習慣付ける、急な予定変更が苦手な場合は、「急な予定変更があるかもしれない」ということも予定に入れておく等です。

実際、そうすることで、自分が発達障害と共に生きることを受け入れてきたつもりでいたのです。ところが、今回のケースはどうでしょう。

「感情をその場で理解できないことがある」という、自分の特性そのものを否定し、「どうにかして、感情をその場で認識できるようになりたい!」と、矯正しようとしているではありませんか!

今まで上手くいっていただけに、どこかで「工夫さえすれば、どうにかなるものだ」というおごりが、私の中にあったのでしょう。それは自分を否定することと変わらないというのに…。

そのままでいいこともある、上手く付き合えばいい

「発達障害だから、定型発達の人たちと同じことをするなんて無理!」と、何もかも投げ出す必要はないと、私は思っています。とはいえ、特性そのものはどうにもなりません。今回は、そこを見誤ってしまったことで、いらぬ悩みを抱えてしまったようです。

「特性も含めて自分なんだな」と認めて受け入れ、工夫またはケアをすることが、自分にとって得策なのだな、と感じた次第です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス