いつもベビーカーに乗せると大暴れしていた我が子。時が経ち、4歳になった今『久しぶりにベビーカーに乗りたい』と言い出した。

その時、娘の口から発せられた言葉に、手探りで、ただがむしゃらに子育てをしてきた過去の自分が報われたと感じたママ。4年越しの真実、娘さんから伝えられた言葉とは…

「あのねママ、ひさしぶりにベビーカーのりたい!」
「…なんでまた?」

出典 https://twitter.com

4歳の娘さんを持つTwitterユーザーの志乃さん、ある日娘さんからベビーカーに乗りたいとのお願いをされました。もうベビーカーは必要ない年齢、確かになんでまた?と思いますよね。

しかし、その後、娘さんから伝えられた4年前の出来事。志乃さんの心を大きく揺さぶりました。

ベビーカーに乗せる度に大暴れしていた娘さん、なぜ大暴れするのか分からないまま、育児に追われる日々、まだ、赤ちゃんだった娘さんが『嬉しい』を言葉で表現することはもちろんできず、でも、体いっぱいに嬉しいと叫んでいたことを4年後、娘さんから伝えられた志乃さん。

「わかってるんだかわかってないんだか、わからない」

「また泣いてる!何がそんなに悲しいの~!?」

「これだけ身を削って一生懸命お世話をしても、一方通行な気がして報われない」

出典 http://shinoegg.hatenablog.com

志乃さんのブログに綴られた4年前の育児。寝る間も惜しみ、身なりも気にせず、毎日、赤ちゃんと向き合い、一生懸命、育児に頑張る日々、けれど、暴れる、泣く、ぐずる、何を伝えようとしているのか分からないことが多く、育児の難しさと孤独感を痛感する日々だったようです。

「あのね、ちいさいときにね、とってもたのしくて、でもしゃべれないから、たのしー!って、手とあしでバタバタしてたの!」

出典 https://twitter.com

この言葉が、過去の自分を救ってくれたと綴っています。

赤ちゃんは自分の「嬉しい」気持ちを表現できる方法が少ないので、分かりにくいけれど、ちゃんと伝わっているし、ちゃんと分かっているのかもしれない、ということに気づいた日でした。

出典 http://shinoegg.hatenablog.com

何だか感動しますね。4年越しの真実。

お母さんは育児をうまくできない自分を責める傾向にあると聞きます。でも、そんなことはないんです。赤ちゃんでも、しゃべれなくても、その体いっぱいに喜びや幸せを表現してくれている。もちろん、悲しみも怒りも。言葉にできない分、体を動かすしかないのですが、その中でも、色んな思いを必死に伝えようとしてくれているんですね。

志乃さんが、娘さんが赤ちゃんの頃の動画を公開してくれています。

確かにバタバタ手足を動かしていますね。すごーく嬉しいこと、楽しいことを伝えてくれている瞬間。今見ると尚更、愛おしい時間なのではないでしょうか。

赤ちゃんと気持ちが通じているのか、赤ちゃんがなぜ泣いているのか、なんて正直その時は、分からないもの。分からなくても終わりのない育児に追われ「ママが泣きたいよ…」と思うこともあると思います。

志乃さんの投稿を見て、ポロポロと涙を流すママさん達、今、育児中のママさん、育児で悩んだり孤独感を感じるママさん達の励みになるのではないでしょうか。

そして、旦那さんからもこのような投稿が!

志乃さんとあきもさんご夫婦でしっかり子育てに向き合っていたのですね。志乃さんは、育児ブログも運営しています。育児に対し、色んな想いを抱えているママさん、同じ想いでいるママさんは一人ではありません。子育てママの日常が綴られている志乃さんのブログ、気になる方は是非、訪れてみてください。

Thanks for reading to the end.

※権利者の許可を得て掲載しています。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス