映画『マトリックス』(1999年公開)をご覧になったことがありますか?
スタイリッシュなCG映像と斬新なアクション・シーンで世界的な大ブームを巻き起こした、キアヌ・リーヴス主演のSFアクション映画です。

2本の続編も大ヒットさせ、監督として一躍ハリウッドの顔となったのがウォシャウスキー兄弟でした。

最初は、兄弟だった

少年の空想を映像で実現しているような『マトリックス』シリーズを制作していた当時、2人は男性でした。

左)兄ラリー・ウォシャウスキー Larry Wachowski
生年月日:1965/06/21 出身地:アメリカ/イリノイ州シカゴ
子供の頃から映画に浸り、マーベル・コミックの『ヘルレイザー』『エクト・キッド』などの劇画原作を書くようになる。弟アンディと共に脚本を執筆した「暗殺者」がシルヴェスター・スタローンで映画化され、これを機にハリウッド入り。

出典 http://www.allcinema.net

右)弟アンディ・ウォシャウスキー Andy Wachowski
生年月日:1967/12/29 出身地:アメリカ/イリノイ州シカゴ
子供の頃から熱狂的な映画ファンで、マーヴェル・コミックの『エクト・キッド』などの劇画原作に従事する。やがて兄ラリーと共に脚本を執筆した「暗殺者」がディノ・デ・ラウレンティスに認められ、ワーナーで映画化、幸先の良いスタートを切った。

出典 http://www.allcinema.net

映画界での華々しい成功。しかし、2002年、兄のラリーが妻と泥沼離婚することに。
この間、いえ、人生においてずっと、ラリーは自らの性別に苦悩してきたのです。

兄が、姉になる

2008年、日本のアニメ『マッハGOGO』の実写リメイク映画『スピード・レーサー』が米国で失敗した後で、ラリーは手術を受けたと言われています。

性別適合手術
です。

晴れやかな笑顔!

2012年、映画『クラウド・アトラス』のプロモーションで、弟アンディに抱きつくピンク色の髪の女性がラリーです。約9年ぶりに姿を現した時、ラリーは身も心も名前も女性になっていました。ラナ・ウォシャウスキーの誕生です。

その日を境に、ラナはこれまで隠してきた葛藤を打ち明け始めました。

"For years I couldn't even say the words 'transgender' or 'transexual'," she said.

"When I began to admit it to myself, I knew I would eventually have to tell my parents and my brother and my sisters. This fact would inject such terror into me that I would not sleep for days."

出典 https://www.theguardian.com

「長い間、私はトランスジェンダー(※身体の性と心の性が一致していない人)とかトランセクシャル(※性転換者)という言葉さえ言えなかった」とラナは言いました。

「自分自身を受け入れ始めてから、最終的には両親や兄弟姉妹たちに言わなければならないだろうって分かっていました。この事実は、何日も眠れなくなるほどの恐怖を私にもたらすだろうって」

周囲の理解と反発と

Wachowski says that he finally told his mother, "I'm transgender. I'm a girl" and has lived as Lana ever since. For his part, brother Andy has said that Lana is "easier to work with" than Larry was.

出典 https://www.theguardian.com

ウォシャウスキーはついに母親に告げました、「私はトランスジェンダーなの。私は女の子なのよ」そしてそれ以来、ラナとして生きているのです。弟のアンディはこう言います、「一緒に仕事がやりやすくなったよ」ラリーだった頃よりも、と。

一方で、カミングアウトのみならず、有名映画監督の性別適合手術は世界初。
世間の興味は尽きませんでした。
ラナが性転換に踏み切ったのは、内縁の妻イルザ・ストリックスの影響だとの推測も広がり、騒動を大きくする要因に。

アメリカでも突出した成功を収めた兄弟の兄が女性となり、姉弟になった!という話題はタブロイド系の媒体を中心に大きな話題に。また、性にまつわるラリーの問題の裏に、前妻と離婚した後に内縁の妻となったSMの女王イルザ・ストリックスの存在があったことも報道に拍車を掛けた。

出典 http://www.cinematoday.jp

アメリカは日本に比べて、宗教的にも性的タブーの多い国。好奇の目は止むことがなかった様子が伺えます。

そんな中、ラナを支持する団体も現れました。

ハリウッド・レポーター紙によれば、全米最大のLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の支持団体であるヒューマン・ライツ・キャンペーンは、カミングアウトした勇気を称賛し、Visibility Awardを授与。

サンフランシスコで行われたパーティーに参加したラナは、受賞スピーチでトランスジェンダーとしていじめにあった子ども時代と、自殺未遂を犯したことを告白した。

出典 http://eiga.com

過去の告白

Visibility Awardの受賞スピーチで、ラナは過去の悲しみを語りました。

Lana Wachowski receives the HRC Visibility Award

出典 YouTube

私立中学校では髪を長く伸ばし、ほとんど女子とばかり遊んでいたラナ。
しかし、カトリック・スクールに転校すると、長い髪は切るように言われ、男子の列に並ぶようにと指導されます。

I feel a feeling of differentiation that confuses me. I don’t belong there, either.

I stop between them.The nun I realize is staring at me, she’s shouting at me. I don’t know what to do. She grabs me, she’s yelling at me. I’m not trying to disobey, I’m just trying to fit in. My silence starts to infuriate her, and she starts to hit me.

出典 http://www.hollywoodreporter.com

「区別と感じる物が自分を混乱させるんです。私は、どちらにも属していないって。

私は(男女の)列の間で立ち止まって。修道女の先生がこちらを見つめていて、私に向かって叫んでいる。どうしたらいいか分からない。先生は私を掴んで、叫んでいて。私は逆らおうとはせずに、ただ、その場に適応しようとしているのに。その沈黙が先生を激怒させて、彼女は私を叩き始めたんです。」

高校に進学してからは、不眠症にも悩まされるようになったラナ。

I began to believe voices in my head -- that I was a freak, that I am broken, that there is something wrong with me, that I will never be lovable,

出典 http://www.hollywoodreporter.com

「私は頭の中の声を信じるようになりました・・・私はおかしくて、私は壊れていて、私には何かの間違いがあって、だから私は愛らしいものにはなれないんだろうと。」

After school I go to the nearby Burger King and write a suicide note. It ends up being over four pages.

But it was addressed to my parents and I really wanted to convince them that it wasn’t their fault, it was just that I didn’t belong.

出典 http://www.hollywoodreporter.com

「放課後、近くのバーガーキングに行って遺書を書いたの。4ページ以上にもなった遺書を。

でもそれは両親に宛てていたんです、私は本当に両親を納得させたかったの、これは彼らのせいじゃない、これはただ私が(どちらにも)属していないからなんだって。」

When I see the headlight I take off my backpack and I put it on the bench. It has the note in front of it. I try not to think of anything but jumping as the train comes.

出典 http://www.hollywoodreporter.com

「(電車の)ヘッドライトが見えた時に私はバックパックを下ろして、それをベンチに置きました。遺書を入れてね。私は何も考えないようにして、ただ、電車が来たら飛び込もうとしていたんです。」

もう隠さなくていい

手術を告白し、家族や多くの人に支えられたラナは、もう自分を隠す必要がありません。

2015年公開のSF映画『ジュピター』では、ラナ監督の女子力が全開!美しい衣装を着てヒーローに助けられたいという、乙女心が詰まった作品になっています。

そして、ウォシャウスキー姉妹に

世の中が「ウォシャウスキー姉弟」の呼び名に慣れてきた今年、驚きのニュースが駆け巡りました。
なんと、今度は弟のアンディが性別適合手術を受けたのです。

"SEX CHANGE SHOCKER—WACHOWSKI BROTHERS NOW SISTERS!!!"

出典 http://www.windycitymediagroup.com

「衝撃の性転換 ― ウォシャウスキー兄弟、今は姉妹!!!」

なんてユニークな告白でしょう!
自ら声明を発表したアンディは名前も変えて、リリー・ウォシャウスキーとなりました。

声明のなかでリリーは、同性愛者やトランスジェンダーの人々の意思に反してその事実を暴露する行動(アウティング)を批判し、トランスジェンダーの人々の苦難についても詳細に綴っている。

一方で、自分は家族や周囲の人々に恵まれた幸運な人間だと語る。リリーには1991年に結婚した妻アリシアがいるが、「妻や友人や家族の愛情とサポートがなければ、ここまでたどり着けなかっただろう」と記している。

出典 http://eiga.com

いつから性別への違和感を抱えていたのか、リリーはまだ言及していませんが、長きに渡っていたことは彼女の言葉からも伺い知ることができます。

「トランスジェンダーを隠し通すことはとても難しい。時間をかけて、自分の心の準備が出来たと感じたときに世間には公表したかった」と気持ちを打ち明けながらも、海外メディア『Daily Mail』に暴露されそうになったことで今回の公表に踏み切ったと話している。

出典 http://news.livedoor.com

性別を選択できる時代

1930年、デンマーク人のリリー・エルベが世界で初めて性別適合手術を受けて以来、医療の進歩と努力で技術が広がってきました。

日本でも最近、ダンサーでタレントのKABA.ちゃんが性別適合手術を受けて大きな話題に。

全国の小・中・高校で、心と体の性が一致しない「性同一性障害」を抱え、学校に相談している児童生徒が600人以上いることが13日、文部科学省の調査で分かった。うち約6割には学校側が服装などで特別な配慮をしているが、不登校や自傷行為など深刻なケースもみられ、文科省では相談体制の充実に向けた資料を今年度中に作成し、各校に配布する方針。

出典 http://www.iza.ne.jp

2014年の国内調査ではそんな実態も浮き彫りになっています。
誰にも言えずに悩んでいる人、自分を責め続けている人はとても多いということ。

性別に違和感を感じたら、まずはメンタルクリニックなどで受診を。
周囲にとっても、これは特別なことではないのだという認識が今、求められています。

この記事を書いたユーザー

キタコ このユーザーの他の記事を見る

映画感想ブログ『世界映画博』やってます。第28回東京国際映画祭WOWOW賞選考委員。サッカー好きの元作家です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス