記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「イタタタタ!」と腰に痛みが走ったとき、その対処法を誤ると、いつまでたってもその痛みが治まらない場合があります。そこで今回は、体のしくみに詳しいカイロプラクター・檜垣暁子先生に、腰痛があるときにやってはいけないポイントについて教えてもらいました。

腰痛はなぜ起こる?

腰痛になるきっかけや要因の多くは、日常生活での習慣にあります。

(1)運動不足
体を動かす機会が少なく、座っていることが多い人などは、腰を支える筋力が衰えたり、腰部やお尻、下肢などが冷えやすくなったりするため、腰痛につながる場合があります。

(2)腰痛に対するおそれ
意外と多いのが、腰痛後に残る不安感です。腰の負担を考えすぎてしまい、運動を避けたり、動作を制限したり……痛みが治まったあとも、腰部の筋肉がコリ固まっていることがあるため、心配しすぎずに適度に動かすことが必要になります。

(3)アンバランスな姿勢
日頃、座っている時間が長かったり、仕事で同じ動作を繰り返したり……といったことから、同じ部位に筋疲労を生じやすくなることがあります。すると姿勢が悪くなり、腰部へ負担が増すケースもあります。

(4)精神的な緊張
精神的な緊張を強いられる環境では、姿勢を支える筋肉の働きが低下して腰部への負担が増したり、痛みの感受性が高まったりすることがあります。そのため、腰痛を防ぐためには心のリラックスも大切です。

腰痛への対処を間違うと、安眠が妨げられる原因に!


腰痛が長引き、横になって寝ても腰が痛む、寝返るたびに痛みで目が覚める、布団に体を預けられない……など、安眠が妨げられることがあります。また、腰痛が緩和されないと、心身の緊張感も続くことが多いもの。心がリラックスできずに入眠困難になったり、眠りが浅くなったりすることがあります。

なお、腰痛があると姿勢が悪くなりやすく、日常から自律神経のアンバランスを招きやすくなるのです。

≪腰痛でお悩みの方必見!≫
その腰痛【椎間板ヘルニア】ではないですか?セルフチェックしてみよう!

腰痛時にやっていいこと、悪いこと

それでは、急な腰痛が起こったときにやってしまいがちだけれど、実はそれが悪化につながる場合もあるポイントをご紹介します。

(1)急に腰が痛くなったらお風呂でゆっくり温まるのはNG!!
突然、腰痛に見舞われる「ぎっくり腰」は、動ける程度の痛みであると、あまり気にせずに「腰を温めれば楽になるかな」と入浴してしまう人がいます。炎症が起きている可能性も考え、患部を温める対処は避けることが無難です。軽くシャワーで流す程度にとどめておきましょう。

(2)強めにマッサージをしてはいけない
急な腰痛「ぎっくり腰」と慢性的な腰痛。どちらにも、腰部の筋肉のコリや張りがみられることがあります。コリ感を和らげるために、自分でグイグイ腰部を圧したり、家族に強めのマッサージをお願いしたりする場合があるかもしれません。

ぎっくり腰では、患部をマッサージして刺激を与えることで、痛みが増すおそれがあります。強めのマッサージもかえって筋肉の緊張を強め、筋組織を痛めてしまうことも考えられるため、注意が必要です。<

(3)ずっと腰痛ベルトを装着して過ごす
腰痛用のベルトは市販もされていて購入しやすいため、腰痛緩和アイテムとして活用している人も多いもの。ぎっくり腰や痛みの強いときに不安定性をサポートするために使用し、痛みが治まっても腰の負担を減らしたいと装着し続ける人がいます。

しかし常に装着していると、日常動作が制限され、筋肉の血流が滞る部位が出てくる可能性があります。痛みの強い数日間や、重い荷物を持ち上げるときなど、使用するシーンを決めておき、痛みが和らいだら外すようにしましょう。

(4)腰痛を感じたら安静に!?
腰痛になったらまずは安静を保たなくては、と思う方も多いかもしれません。しかし、ぎっくり腰の場合、痛みの強い1~2日間は無理をせず過ごし、痛みが和らいできたら日常生活での動作はおこなっても大丈夫です。

逆に長期間安静に過ごしてしまうと、筋力が低下したり、かえって筋肉のコリが生じたり、骨密度が低下したり……と、良くないことが起こります。慢性腰痛でも、無理のない範囲で体を動かすことが大切です。

(5)画像診断の結果を気にしすぎる
腰痛で病院を受診すると、レントゲンやMRIといった画像で検査をする場合があります。椎間板が突出しているようにみえたり、背骨がゆがんでいたり、背骨に変形がみられたりと、目にみえる情報は痛みとともに不安感として記憶にとどまってしまいます。

自身のレントゲン画像にショックを受けてしまい、眠れなくなったり、気分が沈みがちになり、活動的になれなくなったりする場合もあります。画像診断の結果は、必ずしも症状が一致しないケースもありますので、気にしすぎないようにしましょう。

いかがでしたか?急なぎっくり腰などの腰痛に見舞われてしまったら、上記を思い出して正しい対処をしてくださいね!

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス