記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「唾液」と聞くとどことなく汚いイメージを浮かべてしまいますが、実は「唾液」はお口の中をきれいにしてくれる御掃除屋さんなのです。

唾液の分泌が少なくなると、虫歯口臭の原因になり、口内環境がどんどん悪くなってしまいます。

そこで今回は「質の良い唾液の作りかた」を、医師に解説していただきました。

唾液が果たす2つの作用

【自浄作用】
唾液は、口の中で細菌やウイルス、あるいは食べかすなどといったものを洗い流してくれる役割があります。

【抗菌作用】
唾液の中には、抗菌作用のある物質(ラクトフェリン、免疫グロブリン、リゾチームなど)が数多く含まれていて、口から侵入する病原体をやっつけてくれる役割があります。

唾液の分泌量が減る3つの症状

【口呼吸】
鼻で行う鼻呼吸が副鼻腔を通ることによって空気が湿度を含んで体内に入ってきますが、口呼吸は直接乾燥した空気が口に入って口腔粘膜を乾燥させてしまいます。

【更年期障害】
ホルモン分泌の急激な変化によって唾液の分泌も減ってしまうと考えられています。

【緊張・ストレス】
緊張やストレスがあると、自律神経のうち、交感神経が優位になって、唾液の分泌を少なくしてしまいます。

唾液の分泌量が減ることによる悪影響

■虫歯や歯周病になりやすくなる

■口臭が強くなる

■滑りの悪さからものが飲み込みにくくなる

■味がわかりにくくなる

口臭がきつくなる「舌苔」

口のにおいが強くなる原因として、唾液が少なくなると下の上の白い部分、舌苔が唾液によって洗い流されることが少なく、やや乾いた状態で舌の上にあり続けることになります。

この舌苔がにおうことが口臭の大きな原因の一つと考えられています。

質の良い唾液とは?

さらさらした唾液が十分量、常に口の中を流れている状態が理想的な状態と言えますね。

質の良い唾液のための生活習慣

ものを食べるときよく噛むことが非常に有効な方法の1つと考えられています。

ガムやおしゃぶり昆布、小魚などある程度硬さがあったり、唾液の分泌を促してくれるものを積極的に食べるといいですね。

≪歯がグラグラしてきた…≫
口臭や歯ぐきの色が気になる方は【歯周病】を診断してみよう!

医師からのアドバイス

唾液は普段意識することはあまりなく、むしろ「唾を吐く」など少し汚いイメージで話されることが多いのではないでしょうか。

しかし、十分な量の唾液を常に口の中に循環させておくことは、口の中の健康を保つうえでも、エチケットとして口臭を出さないようにしておくためにも、非常に大切なものと言えますね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス