記事提供:いいモノ調査隊

みなさん、こんにちは!プロレスリング・ノアの丸藤です!プロレスラーであるオレは常に爪を短く整えるように気をつけている。戦いの中で、相手を傷つけてしまうことがあるからだ。これはレスラーであるうえで最低限のマナー。

もちろん、プロレスラーだけでなく社会人としても爪の手入れはマナーのひとつだ。ただ、そんな爪切りで困っていることがある。それは…足の爪をうまく切れないこと。体がそこまで柔らかくないことと、筋肉がじゃまをしてあまり腰を曲げられず、いつも苦心している。

遠い…。

くそーーーー!!

そこで今回見つけたのが、腰を曲げずに足の爪を切れるという爪切り、「カーショー(Kershaw)の「ユニバーサルツメキリ スタンダード」だ!!

ちょっとアゴが出てしまった…。

とはいえ、「爪切りなんてどれも一緒でしょ」と結構思っちゃったりしてたのだが…。まぁ、まずはこんなケースに入ってるわけで、この時点でそこら辺の爪切りとは違うな。

ちなみに製造元のkershaw(カーショー)は、ポケットナイフのトップブランドらしい。

開けてみたら、普段使っているような爪切りとは明らかに異なる形状。

初めて見る形状だ。

質感もサテンのようで、そう、こいつにはたたずまいに高級感を感じる…。

まるでエイリアンのような形(自分で言っててなんだそりゃ(笑))

こいつは大丈夫なのか?危なくないのか?未知の形でどう動くのかわからないから、さっそく使ってみる!

まずは手の親指から。

パチンッ!パチンッ!!なんて切れ味だ!軽やかにかつ鮮やかに切れる!さすがポケットナイフのブランド、といったところか。

切れ味は抜群!

巻き爪になりそうな爪の端もしっかり切れるぞ。これはいい。かなりいい。

スパッと切れる感じ。

さて、切れ味のよさはわかったところで、いよいよ肝心の「腰を曲げずに足の爪を切れる」というのが本当かどうか試してみよう。

おっ…届くぞ!確かに楽だ!

持ち手と刃の位置関係に注目してみてくれ。

普通の爪切りは持ち手部分と刃の部分が一直線になっているが、これはかなり角度がついていて、あまり腕を伸ばさなくても足の爪が切りやすくなっている。これが、なるべく腰を曲げずに爪が切れる秘密らしい。

これは体の硬い人はもちろん、ふとっちょなお父さんや妊婦さんにも使いやすいんじゃないかな。でも、切った爪を収納する部分がないから、飛んでいってしまうリスクもあるな…。昔の爪切りは全部こんな感じで、切った爪が飛んでったよね。

お父さんは新聞とかチラシの上で切ってたかな。そんな懐かしいことを思い出させてもくれた、カーショーの爪切りだ。とにかく切れ味抜群なので、小さいお子さんが1人で使うにはちと危ないので気をつけてください。

足の爪を楽に切ることができるから、個人的にはすごく気に入った♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス