記事提供:サイゾーウーマン

出典『破婚』(新潮社)

やしきたかじんやWinkの数々の名曲や、「残酷な天使のテーゼ」「魂のルフラン」などの有名アニメ曲を手掛けた、作詞家の及川眠子氏。

誰もがうらやむ素晴らしいキャリアを築いてきた及川氏は、2000年、40歳の時に旅行先のイスタンブールで知り合った年下トルコ人男性と結婚。それはただの国際結婚ではなかった。

親族の学費や治療費を出させられたり、共同経営で旅行会社を設立させられたり、経営するホテルの工事費を無心されたりといったことが続き、及川さんが3億円ものお金を失ったからだ。それも、非常識な行動や嘘の言葉を並べられて。

そんな元夫(本書に沿って、以下「E」とする)との出会いから別れまでの13年間の全てを綴ったエッセイが、先日刊行された『破婚―18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間―』(新潮社)。

金銭面では多くを失った結婚生活だったが、2人の間に確かにあった愛や当時の及川さんのお金やEに対する考え方、別れてから感じたことなどが細かく描かれている。

今回は及川さんにインタビュー。トルコ人のEに「貢いだ」のではなく「投資をした」と振り返る意味、富も名声も手に入れた女の恋愛観などについて詳しく聞いた。

■トルコ人夫と日本人夫の違いは、自分が決定権を持ちたがるかどうか

――トルコ人のE(元夫)との結婚は、及川さんにとって再婚だったそうですね。最初の結婚相手であった元々夫とは37歳の時に結婚されてすぐに離婚したそうですが、2つの結婚の違いってありますか?

及川眠子氏(以下、及川) 
元々夫とはなんで結婚したのかさえわからないくらいなんだけど(笑)。Eは収入がある女に対しても臆しない男だったから良かったのかも。昔の男からも「どうせあんたは一流、俺は三流だよ」と言われたことがあって。

それを言っちゃった時点で負けだよね。「え? なんで一流になろうとしないの?」って、ただ軽蔑するしかない。元々夫も、当時は私の方が10倍近く収入があった中で、格差をすごく気にする人だった。

でもEは、したたかだからお金を借りるために「どうせ僕はダメな人です!」と謙虚なフリはできるんだけど、根本的には自分のことを誰よりも優秀な人間だと思っているタイプだった。

終始、「絶対にこのビジネスを成功させられるから、眠子さん、お金を出してください!」って感じ。Eは私と出会う前の16歳の時に東トルコで会社を複数も経営していて成功させていた。その実績があるから、そういう自信過剰な性格になったんだよね。

――それでも、13年間続いた理由は何だと思いますか?

及川 
13年間Eと一緒にいる中で、実は3分の1しか一緒に過ごしていないの。トルコと日本の遠距離結婚。でも一度も寂しいと思ったことがないくらい満たされていたんだよね。彼が直接でも電話でもストレートに愛を伝えてくれたから。

あと、彼と一緒にいる中で起きたトラブルや感じたストレスはすさまじかったんだけど、そういうイベント事が多かった分面白がれたという面もある。

お金の無心をされて、断ると泣きつかれて喧嘩をして、という日々の方が、「何にもない平坦な暮らしよりも楽しいじゃん」って客観的に捉えていた。

あと、決定権。元々夫も、Eの後に付き合った男もそうだったんだけど、男って大抵決定権を持って支配したがる。でも、私と付き合うと敵わないんだよね。こっちの方がパワーも収入もあるから。

でもEは、経済的な部分で完全に私に握られていたから私に委ねるしかなかった。だから堂々と私にお金のおねだりができた訳だけど、そういうことも13年も続いた理由かな。

――Eとは喧嘩も相当あったと書かれていました。壮絶な喧嘩のようですね。

及川 
私は喜怒哀楽が激しいし、怒るとただのヒステリーではなく理論的に相手を追い詰めるタイプ。専業主婦の場合って、自分の生活が破綻するところまではやらないよね。捨てられたら自分が路頭に迷うから。

でも私は自分で稼げるから、破壊したい分だけ破壊しちゃう。1人でイチからやり直せる経済力があるから、歯止めもかけないし手加減もしない。

そのくせ理論的だから、仕事があれば暴れるのを中断して仕事に戻って、終われば再び暴れる。そんな女、怖いじゃん(笑)? そういう感情と理論の使い分けが、これまでの男からしたら嫌だったみたい。

もちろん向こうもすごいパワーで応戦してきた。Eは3分の1しか一緒にいなかったとしても13年間、私のパワーを全部受け止めていたから、友達からも「13年間で3億円は、むしろ安いんじゃない?」と言われたくらい(笑)。

これまでは、3カ月で男がコテンパンにやられちゃって「1クールの女」ってよく言われてきたから。

■母性本能の矛先が、自分の子どもではなく若い男にいっても良い

――及川さんのパワーを受け止め愛を伝えてくれたものの、事あるごとにお金の無心をしてきたE。多くの人は「貢がされている」「騙されている」と言いますよね。

及川 
私の中ではE、そしてEとの結婚に「投資した」という感覚なんだよね。一緒に仕事をやるために旅行会社を設立したから、結婚込みで彼との人生が事業だった。でもさ、男女が逆だったらどうなのと思う。

それなりの地位も名誉も金もある男が、磨いたら良くなりそうな若い女を一人前に育てたら「偉い!」と言われるじゃない。私はその逆をしていただけなんだけど、女がやると「貢いだ」だの「バカだ」だの言われて腹立つよね。

Eは頭も良いし物事の呑み込みや学びも早かったから、ビジネスマンとして一人前になってほしかった。だから日本の言葉や習慣、ビジネスのやり方を教えてお金も出してあげた。投資でもあり贅沢で不遜な遊びだったね。

でも、自分にそれだけの金と社会的な地位があって、目の前にやけに毛並みの良い野良犬がいたら、世に自慢できる立派な犬に育てたいと思わない? そういう女がいても良いと思うの。だって、物より人に投資した方が面白いじゃん。

自分の好きなようにお金を使って、失ったらまた稼げば良い。何かあっても自分のケツは自分で拭けばいいだけだから。

――その「育てる喜び」として最初に浮かぶであろう、子育てには行かなかったのはなぜでしょう?

及川 
子どもを自分で産んでないからかもしれないけど、正直、私子ども嫌いなんだよね。でも母性本能はあって、それがあの時はEに行って、今は愛猫にいっている(笑)。

だから、もし子どもを産んでいたら、バカで出来の悪い息子なのに有名私大に入れようと必死に頑張るお母さんになっていたかも。

私がしたことって、親が「自分の子どもは才能がある」と思い込んでお金かけて頑張るのと同じだと思うの。たまたま私は稼いでいてEに3億円もかけたけど、世の中の生活が大変なお父さんお母さんも、それなりに子どもにお金を使っている。

子育てだって多額のお金を使った結果、大物になれば「すごい!」と認められるけど、結果が出なければ「何やってんの?」という目で見られる。それと一緒だと思うし、女も子育て以外でそういうことやったっていいと思うんだよね。

■高収入で理論的な女ほど、外国人夫はアリ?

――あとがきで、作詞家なのに「Eと結婚してから、Eへの想いを歌詞にしたことが一度もなかった」と振り返っていて驚きました。

及川 
歌詞は人生のストーリーじゃないんだよね。特に私が得意な歌詞って「一緒にいるのに寂しい」「こんなに幸せなはずなのにつらい」とか、気持ちの歪みが元になって生まれるもの。

Eは、一緒にいなくても寂しいという気持ちにならなかったから気持ちの歪みは別に生まれなかった。だって、言語が違うからもっと必要最低限のことを伝えることに終始しちゃう。「おなか空いた」「何食べる?」という会話にも時間がかかったり(笑)。

そこに変な寂しさや悲しさが入り込まないのよ。日本人同士の、言葉が通じているのに気持ちが通じない状態の方がはるかに悲しくてつらいよね。「なんで同じ日本語なのに伝わらないの!」って。それが歌詞になる。

――パートナーと言葉が通じない、語り合えないということがストレスになる女性は多いかと思います。

及川 
私も前はそうだった。でも、仕事仲間や友達と散々複雑な話をして言葉であふれる世界に浸かった後、家に帰ったら「電球が切れたから替えて」みたいな必要な会話しかないから、楽っちゃ楽なのよ。

衣食住が整っていて、「愛してる」だけはちゃんと伝えていればOK。お互いにもともと細かいコミュニケーションを求めていないし、余計な過去の話もしなくていい。家に帰って会話のエネルギーを使わなくて良いというのはメリットでもあるんだよね。

あと作家業としては、自分の作品についてあれこれ言われないから楽だよ。「僕についての歌詞を書いているの?」と聞かれた時、適当に「そうよ」と言ったこともある(笑)。

さっきも言ったけど、やっぱり日本の男性だと収入のある女性に怖気づいちゃうから、お金を持っていて、かつ理論的な女ほど、必要最低限の言葉で十分な外国人夫はアリなのかもね。私はもう懲りたから二度と手は出さないけど(笑)。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス