息子が11ヶ月になり、授乳が夜や夜中だけになってきた頃…。息子を預けてでもやりたいことができた私は、断乳することを決意しました。

しかし、いざ断乳をして夜中に泣かれるとどうしていいかわからなくなりそう。あたふたして最終的には泣き声に負けて授乳してしまいそうだった私は、断乳するにあたって、しっかりと計画を練ることにしました。

計画、というほど大それたものでもないかもしれませんが…。一人では自信がなかったので、実家に帰って断乳しようと思っていた私。そして【断乳1日目の夜は実家までの移動にあてる】という方法をとることにしたのです。

断乳し始めて1日目の夜、いつもだったらもらえるおっぱいがもらえないと、大泣きする子が多いと聞いていたので、それを未然に防ごうと考えたのです。

今住んでいる家から実家までは車で9時間ほどかかります。息子はいつも機嫌よくチャイルドシートに乗ってくれるので、「気持ちいい揺れがあればぐっすり寝てくれるのではないか!?」と思い、夜中~朝にかけて車で実家に帰ることにしました。

その結果…断乳1日目の夜を移動にあてるという方法は効果てき面でした!自宅にて抱っこで寝かせ、私も一緒に仮眠をとり、夜中22時頃に出発。

息子は思いのほかぐっすり寝てくれていて、車へ移動させてもそのまま寝てくれていました。途中何度か休憩をはさみつつ、実家まで夜の運転。運転が好きな私は、久しぶりの夜の運転にテンションが上がり、楽しみながら運転することができました。

そして、息子はなんと明け方4時過ぎまでぐっすり寝続けてくれました!それから起きて少し泣き始めたので、パーキングエリアで休憩がてら、お茶で水分補給。実家についたのは朝6時半頃でしたが、それまで寝ずに機嫌よくいてくれました。

そのおかげか、2日目の夜は夜中に1度泣きましたがトントンと背中をたたいていると寝てくれ、3日目の夜は起きはするものの泣くことはなく、4日目の夜には一晩中ぐっすり寝てくれました。

こうして、息子の断乳はそんなに大変な思いをすることなく、無事に完遂することができました。私の場合は、実家まで距離があったのと、息子が車で機嫌がいい性格だったこと。あと、私が運転が好きだったので、こういった方法がとれたんだなと思います。

育児書やネットにはいろいろな方法が書いていましたが、いろいろ見たうえで、自分と子どもに合った方法を見つけられたので、お互いにとって無理なく行えた断乳でした。

著者:natsumiyako
年齢:27歳
子どもの年齢:息子(1歳8ヶ月)

好奇心旺盛なやんちゃな坊ちゃんを育てる1児の母。現在2人目の妊娠中。読書とお酒が好き。子育ての合間にライター、校正の仕事をしています。ドタバタだけど楽しい日々を送っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

赤すぐみんなの体験記のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス