先日行われた北朝鮮による「核実験」が世界を騒がせていますが、彼らはなぜ、世界中から非難されても、制裁を受けても、核兵器の開発を続けるのでしょうか。

無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんが、その恐ろしい理由をわかりやすく解説しています。

北朝鮮核実験、中国の制裁破りが金正恩体制を存続させている

皆さんご存知のように、北朝鮮は9月9日、5回目の核実験を行いました。これを受けて、国連安保理は緊急会合を開き、「過去の安保理決議の明白な違反だ」と強く非難する声明を発表しました。

というわけで、今回は、「北朝鮮の核問題」について考えてみましょう。

なぜ北朝鮮は、核兵器をつくるの?

まず、もっとも基本的なところから。なぜ北朝鮮は、世界から孤立しても、制裁されても、核兵器開発を続けるのでしょうか?「核兵器を持たない独裁者は、アメリカに殺されるから」です。

たとえば、イラクのフセインを見て下さい。彼は独裁者でしたが、「大量破壊兵器」は持っていませんでした。しかし、アメリカは、「もっている!」と決めつけて、イラクを攻撃。彼を捕まえて処刑した。たとえばリビアのカダフィを思い出して下さい。

彼もまた、殺されました。シリアのアサドは、ロシアが守っているので生きている。しかし、ロシアが守っていなければ、やはり殺されたでしょう。というわけで、

・核兵器をもたない
・反米国家の
・独裁者

は、メリカに殺される可能性が極めて高い。だから、金日成も金正日も金正恩も、核兵器開発を続けるのです。

北朝鮮の核兵器は、どこまで開発が進んでいるの?

どこでも報じられているように、今回は5回目の核実験。

・1回目=06年10月
・2回目=09年5月
・3回目=13年2月
・4回目=16年1月
・5回目=16年9月

金正日が亡くなり、金正恩が後を継いだのが2011年。つまり、金正恩になってから、すでに3回目の核実験。しかも、今年2回目。ペースが速まっています。06年、09年、13年の実験は、原爆でした。しかし、今年1月の実験は、水爆と発表されました。

そして、今回の実験では、とても重要な発表がされています。

北朝鮮、核弾頭の実験爆発に「成功」 ミサイル搭載可能と発表
AFP=時事9月9日(金)14時38分配信

【AFP=時事】北朝鮮は9日、同日実施した5回目の核実験が「成功」し、核弾頭をミサイルに搭載できることを確認したと発表した。国営メディアが伝えた。

出典AFP=時事

原爆や水爆ができても、敵国を攻撃するためには、ミサイルに搭載できるほど小型化しなければならない。北朝鮮は、それに成功した」と発表した。もちろん本当かわかりません。

とはいえ、核実験があると、必ず「ホントかわからない」という話が出てきます。1回目の実験のときは、「ホントに原爆かわからない」と報道された。4回目の実験のときは、「ホントに水爆かわからない」と報道された。

5回目の実験のときは、「ホントにミサイルに搭載可能かわからない」。しかし、北朝鮮が「着実に核兵器開発を進めていることは事実なので、「楽観論」はアテになりません。

北朝鮮は、なぜ制裁でもサバイバルしているの?

北朝鮮が核実験を行うたび、国連安保理が開かれる。日本、アメリカ、韓国が議論を主導する。そして、中国、ロシアも「嫌々ながら」制裁に賛成する。しかし、金正恩は、平然と生き残っています。なぜなのでしょうか?

実をいうと、中国が(中国らしく)、国連の制裁を破っているからなのです。だから、北朝鮮は、安保理が制裁を決めても、何とかなっている。

中国は4月以降、前回の安保理決議を受けた制裁を実施しているが、貿易統計によれば、北朝鮮の主要輸出品である石炭、鉄鉱石の中国への輸出量に目立った落ち込みは見られない。

北朝鮮関係筋も「平壌の物価は安定しており、制裁の影響はほとんどない」と指摘しており、中国が制裁を厳格に履行しているかには疑問符が付く。(時事通信9月9日)

出典時事通信

なぜ中国は、金正恩を守るのか?

日本ではよく、「中国も北の核実験に怒っている」と報道されています。それは事実なのでしょう。しかし、その怒りは、日本、韓国、アメリカとは別の質の怒りです。というのは、北朝鮮が核で攻撃する可能性があるのは、韓国、日本、アメリカ。

一方、北朝鮮が中国を核攻撃するなど、ありえません。だから、中国の怒りというのは、「俺の言うことを聞かない」レベルの怒りなのです。そして、中国が金正恩を守らなければならない理由がある。

中国にとっての悪夢は、朝鮮半島が韓国中心で統一され、米軍が、北と中国の国境までやってくること。だから、習近平は金正恩を嫌っていても、制裁を破って、支援し続けなければならない。

第2次朝鮮戦争はあるか?

「それでも中国が北朝鮮を守っている」このことは、「戦争抑止力」になっています。アメリカは戦争好き。今世紀に入ってわずか16年で、

・アフガニスタン
・イラク
・リビア
・シリア(IS空爆)

と戦争している。しかし、北朝鮮がどんなに横暴なことをしても、戦争には「および腰」ですね。なぜでしょうか?1つ目の理由は、いうまでもなく北朝鮮が核兵器を保有しているから」です。

アメリカにはまだ届きませんが、韓国を核攻撃することはできる(もちろん、北自身も放射能被害を受けますが、自分=金正恩が殺されるかの瀬戸際で、何をするか想定できません)。ひょっとしたら日本も核攻撃できるかもしれない。

そして、後5年もすると、アメリカまで核搭載ミサイルを飛ばせるようになる」と言われています。もう1つの理由は、中国です。第2次朝鮮戦争が勃発した。

中国が北朝鮮の側について、米軍、韓国軍と戦うのではないか?1950~53年の朝鮮戦争は、そんな構図でした。中国が北朝鮮に大軍を送ったので、アメリカ、韓国軍は勝てず「引き分け」に終わったのです。アメリカも、中国とは戦争したくない

というわけで、金正恩が、いくら暴れても

・国連制裁は、中国が違反して北支援をつづけるので効果限定
・アメリカは、核保有国の北、中国の支援を受ける北と戦いたくない

というわけで、「現状維持のまま進む可能性が高い

北朝鮮の未来は?

ということは、金正恩の未来は安泰なのでしょうか?破滅のシナリオがあるとすれば2つでしょう。

1つ目は、北朝鮮が韓国を攻めてしまう。そうなると、韓国は自衛権を行使して、戦争が始まります。アメリカ軍は、もちろん韓国側について戦うでしょう。「集団的自衛権行使」ということで日本も協力を要請される

もちろん、自衛隊が半島で戦うことはあり得ませんが、他の協力は最大限するべきです(ここで貢献しなければ、アメリカは、「自分だけ安全地帯にいる狡猾な日本の尖閣など守りたくない」となるでしょう)。

もう1つ破滅のシナリオは、中国経済がダメになって、引きずられて崩壊する。中国経済がダメになり、「もう俺たちは、あんた(北)を助ける余裕ないよ」となれば、北朝鮮の金体制も存続できないでしょう。

いずれにしても、金正恩体制は、「長くない」と思います。

中国は、北を守って孤立する

金正恩は、まことに迷惑な存在。しかし、一点、日本にとってよいこともあります。

今回、国連安保理を主導したのは、日本、アメリカ、韓国。北朝鮮のおかげで、日米韓の結びつきが強まっています。中国は、「反日統一共同戦線」戦略で、この3国分裂を狙っているので、連携が強まるのは、まことにめでたいこと。

反日統一共同戦線を呼びかける中国

そして、欧州諸国も、「北朝鮮追加制裁は完全支持状態。皆さんご存知のように、欧州は、米中の間をフラフラしている。そして、どちらかというと、「中国寄り」になってきている。(例、欧州のほとんどの国が、アメリカの制止を無視して、中国主導「AIIB」に入った)。

しかし、特に今年から、中国経済の減速が鮮明で、「中国離れが加速している(金の切れ目が、縁の切れ目)。「ならず者北朝鮮を守る、中国」ということで、北朝鮮のついでに中国も孤立していく。

・中国経済は、ますます悪化していく →
・中国の求心力が低下し、孤立していく →
・「共産党一党独裁のおかげで経済成長できる」という正統性がゆらぐ →
・習近平は、「新たな正統性」を確保するために、東シナ海、南シナ海での挑発を激化させる

こういうシナリオもバリバリありそうです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス