赤ちゃん誕生は生命の神秘。お腹の中にいる赤ちゃんが無事に生まれてくるまでの時間は、ママにとっても不安と喜びで満ち溢れていることでしょう。子供を産まない人生を選ぶ女性は、産むか産まないかという選択肢があって初めて「産まない」ということを選べるもの。その選択肢がなかったとしたら、やはりショックを受けることは想像に難くありません。

イギリス西部に位置するヘッドフォードシャー州、ヘレフォードに暮らすフェイ・リチャーズさん(31歳)は、19歳の時に「メイヤーロキタンスキークスターハウザー症候群」と診断され、「子供は一生できない」と宣告されました。

5000人に1人の難病、メイヤーロキタンスキー症候群とは

Licensed by gettyimages ®

メイヤーロキタンスキー症候群は、通称「MRKH」と呼ばれ、子宮と膣が一部もしくは全部欠乏して生まれる先天性の疾患です。

原因ははっきりとは解明されていないのですが、恐らく胎児の発育障がいによるものではと推測されています。通常、生理が始まる思春期になっても生理が来ないことで気付くことが多く多感な時期に「妊娠不可能」と宣告されてしまうことで、精神的にもかなりの苦痛を負う疾患だと言われています。

19歳の時に宣告を受けたフェイさん

Licensed by gettyimages ®

悲しい宣告を受けて以来、フェイさんは自分の周りで次々と子供を産んでいる友人たちに対して祝う気持ちはあるものの、「どうして自分はこんな体なのか」と激しく落ち込みました。

本当なら心から祝福したいのに、それができない…その葛藤はフェイさんをいつも苦しめました。そして妹のキムさんが20歳になり、パートナーのジェイソンさんとの間に子供が生まれた時も、素直に祝福することができなかったと言います。

2011年に運命の男性に出会った

Licensed by gettyimages ®

「やっぱり子供が欲しい。でもできない。」そんな苦しみを抱えていたフェイさんは、運命の人と出会いました。前のパートナーとの間に既に3人の子供がいる41歳のトニーさんとフェイさんは恋に落ちましたが、すぐに自分の病気のことをトニーさんに告白したフェイさん。

でも2人の絆が深まれば深まるほど、やっぱりフェイさんの心の中には「彼との子供が欲しい」と願うように。そこで、フェイさんは自分の卵子とトムさんの精子を受精させて、代理母出産で子供を持つことを希望し、国営病院(NHS)に相談しました。ところがNHSはこれを拒否したのです。理由は、トムさん側に既に子供が3人もいるからということでした。

赤字が続くNHSの予算では、全ての不妊治療を無料でカバーできない

Licensed by gettyimages ®

フェイさんはNHSから拒否されたことにショックを受けました。プライベートの治療をするには最低でも6000ポンド(約81万円)の費用がかかります。そんな余裕はフェイさんとトニーさんにはありませんでした。やっぱり諦めなきゃならないのか…そう思っていたフェイさんとトニーさんを見た家族は、本人同様に心を痛めました。

なんとかして娘に自分の子供を持たせてあげたい。そう思ったフェイさんの両親、ジューンさん(58歳)とデイヴさん(66歳)は、自分たちの貯金をはたいてプライベート治療の費用を負担することを申し出ました。そして、妹のキムさんもパートナーのジェイソンさんと相談し、フェイさんの受精卵の代理母になることを決めたのです。

今年、奇跡が誕生した

Pinned from mirror.co.uk

フェイさんは、まさか自分の妹が代理出産をしてくれるとは夢にも思っていませんでした。大変なことを引き受けてくれた妹夫婦。そして、費用を負担してくれた両親。彼らの協力があって、フェイさんとトニーさんは念願の赤ちゃんを授かることができました。(写真右がフェイさんとトニーさん。左は妹のキムさん)

キムさんが妊娠中、31週目で子癇になってしまい急きょ帝王切開で出産という形になりました。不安が募った家族ですが、無事に生まれたのは男の子。名前をラルフィーと名付けました。現在、ラルフィー君は4か月。すくすく育っています。

「子供を持つことは姉の全てでした」

Licensed by gettyimages ®

キムさんは、フェイさんの妹という存在であっただけに姉の苦悩をずっと身近に感じてきました。そして今回、代理出産をしたことで姉の夢が叶い喜びを隠し切れません。トニーさんも、フェイさんの両親に少しずつでも借りた費用を返していきたいと言いましたが、念願の孫の顔を見ることができたフェイさんの両親は「心配しなくてもいい。費用は私たちから孫への最初のプレゼント」と伝えたそう。

家族が一つになり、フェイさんの夢に協力しました。叶った瞬間は、きっと何ものにも代えがたい幸せだったことでしょう。「息子が成長したら、どれほどあなたは望まれて生まれて来たのかということを伝えたい。最高のギフトを手に入れられて幸せです」と語ったフェイさん。これからも念願のママとして子育てに励み、幸せになって欲しいですね!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス