ファミレスによく行くという人は一度は利用したことがあるかもしれません。アメリカ最大規模のファミレスチェーン店「デニーズ」は、日本でも関東地方や中部地方を中心にビジネスを展開しています。

デニーズといえば、パンケーキやフレンチトースト食べ放題が日本でも話題になっていましたが、本家アメリカのデニーズの公式サイトがなにやら只ならぬ世界観を醸し出していると現在話題になっています。

公式サイトの独特な世界観に目が釘付け…!

出典 http://blog.dennys.com

パンケーキに、ベーコンエッグ、そしてバーガーにフレンチフライと、アメリカならではのメニューが揃うデニーズ。量も半端ないけど世界観も半端ないということで、現在デニーズの公式サイトがネット上で注目を浴びています。

パンケーキが車輪になったり、空気入れで膨らませたり、洗車のスポンジになったり…なんだか意味不明なんですが目が釘付けになってしまいます。

出典 http://blog.dennys.com

異世界の要素がもりだくさんの公式ページ。

パンケーキを赤ちゃんのように癒す男性…

デニーズではパンケーキ推しなんだなということがよーっくわかりますね。

シュールと言えば外せない…ダリ

個人的に筆者はダリが大好きですが、この作品もお気に入りの一つ。時計をパンケーキにすり替えるなんて…シュール過ぎる!

とことんカオス!

デニーズのInstagramにも相当力が入っている様子。わけがわからないんだけれども、なぜか引きつけられる…きっとこれがデニーズの商法なのでしょう。

いやほんと、誰もそこまで思いつかない…。

少々ヤケ気味感も伝わってきます…。

2500店舗以上のチェーン店を持つデニーズ

Licensed by gettyimages ®

サイトではなんだかおちゃらけ感が伝わってきますが、このデニーズは「年中無休の営業で、フルサービスを提供する」レストランとして、1953年にカリフォルニア州レイクウッドというロサンゼルスの郊外で開業された老舗のファミリーレストランです。

1990年代に、デニーズはアフリカ系アメリカ人に対する各店舗での差別待遇で起訴されるという過去を持っています。それ以来、徹底的に差別待遇を失くすよう全従業員に費用をかけての再教育が行われたそう。

CMにもアフリカ系アメリカ人を起用するなど、差別撤退に向けての真摯な努力が実り、成功を収めた企業としても知られています。

ウィキペディアによると「2001年の『フォーチュン誌』で「マイノリティにとっての最良の企業」に選出されて以来、このリストの毎回トップの座を維持している」そうでこれまでの変わらぬ人気ぶりも、企業側の努力があるからこそということがわかります。

なんだか行きたくなってしまう

Licensed by gettyimages ®

自らのミスを学び、ひたすら努力をして現在の地位を築くデニーズ。チェーンレストランとして世界的に規模を広げているのも、企業の努力を知っているお客さんがいるからでしょう。なんだか筆者もデニーズに足を運びたくなりました!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス