都心で活動している人にとって欠かせない交通手段の地下鉄。そんな地下鉄に乗っている間、あなたは何をしていますか?読書をしている人、スマホをいじっている人、疲れて眠っている人、同乗者と話している人、外の景色(窓は真っ暗ですけどね!)を眺めている人などなど様々だと思います。

そんな地下鉄の風景を、ニューヨークで活動するアーティスト、Ben Rubin(ベン・ルービン)さんが、楽しいタッチで描いた写真とイラストを組み合わせて描いた作品が注目を集めています。

地下鉄に乗っているとき、もしかしたらあなたの隣にいるかもしれないモンスターを具現化した、『Subway Doodle(地下鉄の落書き)』と題された、ちょっと奇妙な作品、是非ご覧ください!

Subway Doodle

居眠りそうな男性に、そっと寄り添うモンスター。なんだかほっこりしますね。

こちらの男性は完全に眠ってしまってますね…(笑)

狭い隙間に、ギューっと肩身を狭くして入りこむモンスター!もうちょっと詰めてあげて!(笑)

スマホばっかり見てるとこうなっちゃうよ!ってことかな?

立場が逆転!?これはちょっと怖いかも…。

二人羽織!?

盗み見モンスター!

盗み飲み(?)モンスター!

「早く通れ!俺たちが押さえている間に!」とか言わないですよね…?(笑)

「うげーーーーっ!!」上手く通れなかった?(笑)

どうしても座りたいモンスター(笑)

座席に横たわってそんな格好してたら、食べられちゃいますよ!

少年!前!前見て!

目線ピッタリ!なんだか凄いなこの写真!

ルービンさんは、最初はただ時間をつぶすために通勤時にiPadでスケッチをしていたそうなのですが、ある日、iPadで取った地下鉄車内の写真の上に絵を描いたんだそうです。それがこの奇妙な、でもなんだかほっこりする『Subway Doodle』の始まりだったんですね!

あなたの周りにも、もしかしたらこんなモンスター達がいるのかもしれませんね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス