飼い主のLisaさんと笑顔でパチリ

アメリカ、カリフォルニア州フレスノにあるドッグシェルター(Fresno Bully Rescue)のウェブサイトには、里親家族を探しているレスキュー犬の写真が掲載されています。このシェルターは、犬たちの殺処分をしないことで知られています。

ある日そのサイトに掲載されていた一匹のピットブルの混血犬に心を奪われた女性がいました。Lisa Reillyさんです。それは、その犬が彼女が前に飼っていた犬を彷彿させる顔をしていたからでした。すぐさまシェルターに向かい、その犬を家族に迎えたLisaさん。

犬にはミートボール(ニックネームはミーティー)と名付けられ、その日以来ミーティーは愛情だけを注がれて毎日暮らすようになりました。

Lisaさんの家には他にも4匹のレスキュー犬がいます。


Goofy(変がお)のミーティー。

パジャマを着てスマイル~

ミーティーのコスプレ写真や笑顔いっぱいの写真は、あっという間に犬好きファンの心をわしづかみにしました。現在ではLsaさんが主にミーティーの写真を投稿しているインスタグラムページには5万人のフォロワーがいます。

笑顔が止まらない!

Lisaさん家族の一員になってから文字通りマーティーの笑顔が止まりません。

時にはこんなポーズも

確かに似てる・・・・

そして、パンツの緩さ具合がつぼ。

コスプレ写真もたくさん

どんな時もやっぱり笑顔

集合写真で必ずいる”こんなやつ”

兄弟たちと勢ぞろいで集合写真。

ミーティー、おもしろすぎ。

今年8月、Lisaさんの結婚式にもタキシードを来て列席したミーティー。

愛情たっぷりのハグ

Lisaさんのご主人と。

人に捨てられシェルターで暮らしていたミーティーの幸せそうな姿が、多くの人の目に触れ、シェルターの動物たちがレスキューされるきっかけになれば良いですね。

ミーティーの笑顔を見るだけで、動物たちも幸せになる権利がある、人から与えられる愛情をしっかり動物たちは全身で受け止め、そのお返しに人間の暮らしを温かで充実したものにしてくれる、それを確かに実感することができます。

落ち込んだ時、ミーティーの笑顔を見て、癒されたいですね!みなさんも、ぜひシェルターや保健所を訪れてみてください。それぞれの家族やライフスタイルに合った、運命の犬や猫ちゃんたちが、あなたを待っています。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス