記事提供:gori.me

飛ぶように売り切れた「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」。予約した皆さんはどのモデルを購入しただろうか。

僕はレビューするためにどちらのモデルも購入しているが、実は内心、どちらをメインの端末にするか決めきれていない。

以前、僕は「iPhone 6 Plus」を購入し、1年で小型化を決意「iPhone 6s」に切り替えたものの、結局すぐに「iPhone 6s Plus」に戻したという経緯がある。

【関連】【レビュー】「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を徹底比較ーー使い勝手はどう?買うならどっち?

今回もなぜか同じことで悩んでいる。そして同じことで悩んでいる人も多いのではないだろうか。

詳細な比較記事は実機が届いてから公開する予定だが、まずは現時点で僕が悩んでいるポイントについてまとめておきたいと思う!悩んでいる皆さんは参考にどうぞ!

疑問:「iPhone 7 Plus」のメリットは一体何?!

僕は「iPhone 6 Plus」から2年連続で5.5インチモデルを使っている。画面が広く、コンテンツが見やすく、電池持ちも良い。気に入っている点も多いが、やはりポケットに入れると邪魔だ。

タイトなジーンズにはねじ込めないし、結婚式でスーツを着ている時にポケットに入れると目立って少しだけ恥ずかしい。気にしているのは自分だけだと分かっていても、恥ずかしい。あの、スマートではない感じが。

とは言え、2年間使い続けてきた5.5インチモデル。今回も発表前から「iPhone 7 Plus一択でしょう、デュアルレンズカメラも気になるし」と一寸の迷いもなく予約ボタンを強打するつもりだったが、直前に芽生えたモヤモヤした気持ちが消えないのだ。

僕の思考回路をできる限り説明したい。まず、僕が把握しているiPhone 7 Plus」が「iPhone 7」に勝るポイントは以下の通り:

CHECK

・ディスプレイが大きい
・ディスプレイの解像度が高い
・より高性能なカメラを搭載している
・電池持ちが良い
・RAMが3GB

出典 http://gori.me

ディスプレイは「iPhone 7 Plus」の方が大きいだけではなく、より高解像度。今回からどちらも広色域対応になったことから、より大きいディスプレイの方が表現力豊かに感じるかもしれない。

電池持ちは大差ではないが、やはり物理的に大きいサイズゆえに有利。RAMに関してはまだ確証は持てないが、デュアルレンズカメラの処理を行うため3GBになっているという噂。「iPhone 7」は「iPhone 6s」と変わらず2GBのままだ。

【関連】「iPhone 7 Plus」、RAMは3GBか?!「iPad Pro」を上回る性能

「iPhone 7」シリーズはカメラがどちらも新しくなった1,200万画素センサー、F1.8の明るいレンズ、光学手ブレ補正を搭載している。

「iPhone 7 Plus」のみ、デュアルレンズカメラを搭載。両モデルに搭載されている広角レンズに加え望遠レンズが加わり、光学2倍ズームと10倍デジタルズームに対応。年内のソフトウェア・アップデートで背景をぼかすエフェクトも利用可能になる。

「iPhone 7」が「iPhone 7 Plus」に勝るポイントは「片手で操作できる絶妙なサイズ感」と「軽さ」ぐらいだろう。というのも、「iPhone 7」に搭載されている機能はすべて「iPhone 7 Plus」に搭載されているからだ。

サイズや重さが我慢でき、カメラ性能を重要視するなら間違いなく「iPhone 7 Plus」だ。完全にそう思い込んでいたのだが、ここにきてふと疑問に思うことがあった。

「iPhone 7 Plus」のカメラ性能、そんなに良いのか?

これまでは5.5インチモデルのみ光学手ブレ補正が用意され、暗所における撮影は圧倒的に有利とされていたが、今回から4.7インチモデルも対応した。今回、唯一異なるのは望遠レンズの有無。これがすべてだ。

この望遠レンズによるメリットが果たして本当にあるのかという疑問が芽生えてきたのだ。

※「iPhone 7 Plus」のカメラに大して否定的な意見が並んでいるように見えるが、「コンパクトなiPhoneが良い…けどデュアルレンズカメラが気になる」という葛藤があることを前提にお読みください!

■光学ズームできるのは2倍まで!そもそもズーム、する?

まず、この望遠レンズ、「望遠」と言いながらも光学ズームはたったの2倍スマートフォンという極めて小さい筐体に光学ズームを搭載する難しさは重々承知しているが、これならWi‐Fiで写真をiPhoneに飛ばせるコンデジの方が良いような気がする。

そもそもiPhoneで写真を撮る時にズーム、する?僕はあんまりしないなあ。

■被写界深度エフェクトはソフトウェアによる「効果」

壇上でも自信満々に発表されていた「被写界深度エフェクト」。公式サイトのサンプルは丸ボケもあり、被写体が際立っている。

個人的にこれは使うのが楽しみな機能の1つだが、気になる点がいくつか。

この被写界深度だが、調整することはできるのだろうか。また、撮影モードが「ポートレート」となっているが、ポートレート以外の写真には適用できるのだろうか。

ソフトウェアによる「効果」であるため、まずは人物を想定した撮影モードにして設定は自動でリリースし、追々アップデートするのかもしれない。ということは、機能として完全になるのは来年以降?

そもそもiPhoneで人の写真撮る?撮るならインカメラでセルフィでは?

■望遠レンズは光学手ブレ補正に非対応

デベロッパー向けのドキュメントで明らかになっているが、望遠レンズは光学手ブレ補正に非対応なのだ。

【関連】「iPhone 7 Plus」の望遠レンズ、光学手ブレ補正に非対応

光学手ブレ補正に非対応だということは、望遠レンズを使用した撮影は手ブレしやすい可能生が高く、特に暗い場所で撮影した場合は期待していたような写真に仕上がらないのではないかと心配している。

要は:「iPhone 7 Plus」のカメラ性能が超気になる!

気になる点を挙げてみたが、いざ使ってみて画質が劣化せずにズームできる光学ズームに感動して頻繁にズームするようになり、被写界深度エフェクトが予想以上に精度が高く、アップデートで人物以外の被写体も思い通りに美しく撮影できることができ、光学手ブレ補正がないことが全く気に無ければ「iPhone 7 Plus」の圧勝だ。

ウィナーだ!ウィー・アー・ザ・チャンピオン!

あれ、やっぱり僕は「iPhone 7 Plus」をメイン機として使うことになるのかな?

まだ実機に触れていないので答えは出ていないが、手元にどちらも届き次第、カメラ性能だけではなく使い勝手や操作性など、その他諸々含めてじっくりレビューして皆さんに僕なりの答えを説きたいと思う!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス