「履歴書の改ざん、色付け」は要注意!

Licensed by gettyimages ®

履歴書を改ざんしたり装飾してその仕事を得ようとする人は社会に存在しますが、年金や保険の手続き上、遡って確認されるために職歴を改ざんした場合はバレる可能性が高いと言われています。

職歴で嘘を付かなくてもちょっとの色付けをして、印象を良く見せるという人もいるようですが、後でそれがバレないとは限りません。このほど、イギリスである男性が自分のした過ちに大ピンチを迎えたというニュースが報じられ世間の失笑を買っています。

友人がしたことをツイートした男性

「Javier Acosta」というツイッターアカウントにツイートされたのがこちら。

「僕の友達が履歴書に15歳の時にピアノをマスターしたって書いたらしい。そしたら金曜日に取締役会で演奏するように会社から頼まれたって」

「ピアノをマスターした」のは大ウソだった…

Licensed by gettyimages ®

職歴や学歴を改ざんしなくても、個人欄でこうした色付けをしてしまうとやはり大きなツケが回って来る可能性があるということを証明したかのような話ですね。面接の時は「ほう、15でピアノをマスター…素晴らしい」と褒められても、後に「じゃ、演奏して」と言われると大ピンチ。まさにそんな局面を迎えたこの男性に他のツイッターは「ウケる」「最高に面白い」とツイート。

そこでその男性が考えたのは…

Licensed by gettyimages ®

ツイッターユーザーは「指に包帯巻いて怪我したと嘘を付けば?」「人前で弾くのは恐怖症だから無理とか言うのは?」となんとかごまかせる方法をツイートしていたようですが、一度嘘を付くと、また違う嘘でその嘘を塗り固めなければいけなくなります。そうして小さな嘘がどんどん大きくなっていき、最後にはどうしようもない結果になってしまうことも。

「Googleで必死に検索してる」

「Javier Acosta」さんによると、その友人男性は車に30分以上も座り「指の骨を折るのに痛みが最も少ない方法」をグーグル検索していたのだとか…。

「手根管症候群」と偽りピンチを切り抜けた

Licensed by gettyimages ®

検索の結果、友人は「手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)」という言い訳を使うことにしたのだそう。それは、手首内の神経に何らかの原因で圧力がかかり手が痺れてしまうという症状で、今回はこれを言い訳にピンチを免れたようですがこれからもその会社で働く限り、またピアノ演奏を依頼される可能性があるかも知れません。

嘘は自分のためにならず…

Licensed by gettyimages ®

この男性が会社を辞めない限り、また「ピアノを弾いて」と言われる可能性があるかもと内心オドオドしながら勤めるのはきっと嫌なはず。でも嘘を付いたのは自分…。ちょっとした嘘をついて気にしながら仕事をするよりは、正直に履歴書を書いた方がいいということでしょうね。

日本でも経歴詐称で話題になった男性がいましたが、一度バレるとやはり今後の人生に深く影響があるのは明らか。自分が有名であってもなくても、履歴書に正直に書けるだけ自分の人生に自信を持つことが大切ではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら