武蔵さんといえば、日本を代表する元K-1選手で、スーパーヘビー級の世界中の外国人選手達と戦ってきた猛者。引退後は格闘技の解説や俳優、タレントとしてもマルチに活躍されています。

そんな武蔵さんが更新するブログでは、余すこと無く日常の様子が投稿されているのですが、見ていて一つ気づくことが…。そう、それは「プロか!?」と思うくらいの釣りスキルを備えているんです!

琵琶湖ではブラックバス

オッス!
ブラックバスとブルーギルという魚を飼っていたとして、琵琶湖で釣りガイドをしている人が逮捕されたみたいですね。
滋賀県大津市にあるホテルの屋外プール(夏も使用していない)でブラックバス18匹とブルーギル8匹を飼っていたと言う事で特定外来生物被害防止違反容疑で逮捕と言う事でした。
滋賀県の条例では琵琶湖でブラックバスを釣った人はリリース(再び逃がす)する事が禁止となっています!
この事は釣りをする人なら知ってる方も多いと思うのですが、飼っていて逮捕されたって言うのはビックリしました
僕はリリース禁止の条例が出る前は琵琶湖によくブラックバスを釣りに行ってましたよ!

80cmを超えるブリ

オッス!
先日和歌山の南紀の地磯に釣りに行って来ました!
朝暗いうちから釣りを開始。
初めての場所と言う事もあり、探りながらルアーを投げて行きました。
そして辺りが明るくなってきた時、友達の竿が大きく曲がりました!
挙がってきたのはハマチでした!

その後僕にもハマチがヒット!
そしてこれは時合いだと思い集中してルアーを投げていると、グッグッグと竿を強烈に持って行くアタリが来ました!
大きくあわせると竿が弓なりになりドンドン走って行きました。
「これはデカイ!」と確信し、慎重にやり取りしながらランディングに成功
挙げてみると80㎝を超えるブリでした

「ドラゴン級」の太刀魚

オッス!
釣り写真を貼ってなかった
ドラゴン級と言われる指5本サイズの太刀魚が何本かあがりましたよ

今が旬の太刀魚は引きも強く、食べるとメッチャ美味しいので最高ですわ~

出典 http://ameblo.jp

虹色に輝くとても綺麗な魚ですね。というか長さにとてもびっくりです!武蔵さんはこの日このサイズの太刀魚を5匹ほど釣り上げています。

シーバス釣りがお気に入り

オッス!
おはようございます
シーバスパトロール行ってまいりました。
夜中の静まり返った海でパシャパシャとボラが水面を跳ねる音が響いています。
表層より少し潜るルアーを投げて引いてくると、ブリンブリンとボラに当たります!
凄い数のボラが群れているんでしょう!

この群れの中にボラを狙っているシーバスが居るはずだと思いルアーを投げ続けました。
するとブリンとボラにルアーが触ったかと思うと、グググッとルアーを持っていくような当たりが来ました
またボラ君に引っ掛かったかな?
と思いリトリーブすると、
突然暴れだし、必死の抵抗をみせます。
これはボラじゃないかも!

慎重にやり取りしながら手前に寄せてくると、
いぶし銀に光る魚体が見えました!
シーバスです
完全にランディングするまでは油断出来ないので、魚の姿が見えてからは緊張感半端なかったですよ
無事陸に魚を上げてランディング成功

オッス!
久々にシーバスパトロールに行って来ました!
冬のシーバス釣りはボウズ覚悟で行かないと、釣ってる最中に心が折れてしまうので厳しいけど頑張ろうと思って修行のように行ってます
何故厳しいか
人間も寒くなると家から出たく無くなりますよね。

魚も寒くなると動き回らなくなるんです。
特にシーバスは産卵の為に水深のある深場に移動してしまうんですね
なので数もめっきり減っちゃうんです。
でも産卵で深場に落ちて行くシーバスも個体差があるらしく、早くに移動する個体もあれば遅くまで浅場に残る個体もあるみたいです。
そんな残ってるシーバスを狙っての釣行なので厳しいんです

心が折れないようポジティブにテンション上げながら頑張っていると、そんな思いが天に伝わったのか、シーバスが僕のルアーを食ってくれました!

出典 http://ameblo.jp

オッス!
東京湾シーバスリベンジに行って来ましたよ
負けっぱなしではいれませんよ~
と言う事で、スタートは表層を泳ぐルアーつけてスタート
するとすぐさまバイト
バレないように慎重に寄せてくると、産卵を終えたほっそりとした、スレンダーなシーバスが釣れました
でも細いわりには長さがあって、
60㎝は超えてました。

遊んでくれて有難うと感謝して直ぐにリリース。
それから2回シーバスがヒットしたのですが残念ながらバラシてしまいました
バラすのは釣れないより悔しいですわ~

出典 http://ameblo.jp

いや~どれも大きさに驚きです。このブログを見ていると「このサイズの魚、自分でも釣れるかも…」と思ってしまうほど、頻繁に大きな魚の写真が登場しています。

ですがその一方で、武蔵さんは釣った後「自分でとどめをさすことはできない」ということも告白。

釣るのは好き、でもとどめを刺せない…

僕は釣りがとてもとても大好きです。
周りの友達もみんな知ってます。
海には食べると美味しい高級魚が沢山居ます。
季節によって旬を迎える魚もいて、
そんな魚を狙いに行くとなると、
「お土産持って帰って来て!晩御飯は釣れたお魚やね!
美味しいお刺身楽しみにしてます!」
なんてよく言われます。
「了~解」なんて勢いよく飛び出しますが、
なんと僕、魚を〆れないんです
ととどめをさせないんです
お魚と目と目が合ったら可哀想になっちゃって〆れないんです。


釣り師としては駄目かも知れませんね
この前も一人で釣りにいって高級魚のアコウ(キジハタ)を釣ったんですが、可哀想なのでリリースしました。
それを後からみんなに話したら怒られる怒られる
料理で出てくるお魚は大好物なんですけどね

武蔵

魚と目があって「可哀想」と思うなんて、優しい顔立ちの武蔵さんらしいエピソードですね。

もちろん、武蔵さんのブログでは食事やファッション(ブランドモデルを務めるほどオシャレ!)のことなど、バラエティに富んだ記事が盛りだくさんですのでぜひご覧になってみてください!

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス