記事提供:Conobie

大人二人、小学生男子二人、保育園児二人。我が家の洗濯物事情はこんな感じです。

5人家族の主婦であるわたしの朝は、洗濯物から始まります。起きたらまず、洗濯かごの中のものを洗濯機にポイポイポイ。

それから、前回分の洗濯物が干してあるのを、取り込みます。

そうこうしていると、先ほど投入した洗濯物が洗い終わるので干す。ひたすら、干す、5人分の汚れもの。

そしてわたしは、出勤…夕方、仕事を終えて帰ってくると今度は保育園児2人組の園での汚れものを洗濯機に投入。

その間に、朝干した洗濯物を取り込む!!

からの、午後分の洗濯物干しっ!

空になった洗濯かごを見てひと仕事終えた爽快感に浸るのも、つかの間。そしてさらに、家族がお風呂に入ると洗濯かごはたちまち満杯に…

思わず乾いた笑みがこぼれます…こんな感じで、わたくし今、洗濯物の無限ループにハマっております。正直面倒くさくて仕方ない時もありますが、どろっどろのムンムンになって出される家族の洗濯物。

無視すると後あと、どえらいことになるのは目に見えているので、毎日、毎日、踏んばってやり遂げています。なんて言いつつ、キレイに洗いあがって干された洗濯物を見るのは爽快だし、わたしが洗濯した服を子どもたちが着ているのを見ると、

(この子たちの清潔は、わたしが守っているのね)

なんて、なんだか嬉しい気持ちにもなるし。洗濯は決して嫌いではないんですけどね。

ただ、わたくし<たたんで、しまう>というのがどーーーーーしようもなく苦手で。ついつい後回しになって気づけば洗濯物の山ができています。

たまに…いや、しょっちゅう、見兼ねた夫がたたんでくれています。

すてきよ!

そんな感じの、取り込む所まではがんばる、わたしの洗濯物事情でした!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス