動物が人間の癒しになってくれるということは、動物好きのみなさんはもうご存知ですよね。辛い時や悲しい時、何も言わなくても傍に寄り添ってくれるペットの存在って有難いと感じた経験をしたことがある人もいるかも知れません。

どうやら、動物は人の心を癒すだけでなく、同じ動物の心も癒す特別なパワーを持っているようです。今回は、ロシアに住んでいるある一匹の猫をご紹介しましょう。

半身不随のルシファー

ロシアのペルミという都市にある動物病院に住んでいるのはルシファーという黒猫。ルシファーはドアに体を挟まれた時に脊髄を損傷し、半身不随となってしまいました。動物病院のスタッフに救助され、ここが新しい住処となったルシファー。歩くことはできないけれど、すっかりクリニックのマスコットキャラクターになっています。

ルシファーは、現在他のナースたちと同じように傷ついてやってくる動物の癒し係となっています。過去に自分が傷ついた経験をしたからか、その痛みがわかるとでも言わんばかりに、クリニックにやってきたペットたちを労る仕草を見せるそう。

自分より大きい犬とだって…

半身不随の体を引きずって、檻の中に入れられたペットたちのところへ行き何やら会話をしているのでしょうか。犬にはルシファーの言葉はわからないかも知れませんが、励ましの気持ちは伝わっているかも知れません。

同僚(ナース)と一緒に見回りも

この動物病院に救われてからは、ここで生きることが自分の使命のように感じているのでしょうか。そして他の動物たちへ献身的に癒しを与えている様子。こんなルシファーの姿を見ると、やはり動物は優しいんだなということがわかりますね。

心配そうに同僚を見やるルシファー

病気の犬を看病するナースを心配そうに見るルシファー。同僚との息も、そしてコミュニケーションもばっちり。

ルシファーは、病気や怪我で輸血が必要な猫に献血したことも何度もあるそう。ルシファーによって救われた命があるなんて素晴らしいですね。きっとルシファーもクリニックでの使命を誇りに感じていることでしょう。

添い寝だってまさに癒し係の使命

よく犬と添い寝をするルシファー。犬もルシファーを嫌がりません。体温の温かさと心のぬくもりに触れて、きっと犬も心地がいいのでしょうね。

データチェックも怠らない

同僚ナースと共にデータ確認もしっかりしますよ。

ルシファーは、このクリニックにとっては今や欠かせない存在。スタッフと共に動物病院の広告塔にもなっているルシファーは、地元ではちょっとした有名キャット。でもあくまでも「スター」ではなくナース猫として、日々傷つき弱った犬猫、その他のペットに癒しを与えています。

よければInstagramも覗いてみてね

ルシファーの仕事ぶりと可愛いペットがたくさんのクリニックのInstagramは、動物好きにとっては見ているだけで癒されるアカウント。気になる方は是非下記をクリック!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス