突然ですが、皆さんはミュージシャンのPVを見ていて「うわ、この子カワイイ…」と、思った経験はありませんか?実はここ最近、若手バンドを中心として、思わず目を奪われる美貌を持った女性が出演するPVが、数多く生み出されているんです。

このコーナー「どこかで見た いとしのあの娘」では、そんなPVに出演しているモデルたちに迫る企画。グラビアはすべてスマートフォンで撮影を行い、彼女たちの自然な表情をお届けいたします。

岡崎体育『MUSIC VIDEO』で見た、いとしのあの娘。

出典 YouTube

「今年ブレイクしたアーティストは誰か?」と聞かれれば、真っ先に挙げられるのが岡崎体育

自らの出身地にちなみ、「盆地テクノ(BASIN TECHNO)」というジャンルで、2016年にメジャーデビューした彼は、ミュージックビデオの“あるある”を曲にしたこの『MUSIC VIDEO』で一気に人気沸騰。バラエティなどのテレビで紹介された影響もあり、再生数はすでに累計900万回を突破しています。

そのPVでは何人かの女性が登場していますが、今回は1:08から「♪二分割で男女を歩かせて最終的に出~会わせる~」という歌詞とともに現れる、見据える眼差しがひときわ印象的な女性に注目しました。

今回のPV美女・山根里菜さん

くりっとした瞳が愛らしいこの方が、モデルの山根里菜さん。

つい最近東京での生活をはじめたばかりという彼女と、夏の暑さも和らいできた目黒川沿いを歩きました。

以前は神戸のライブハウスで勤務していた山根さん。まだ東京の景色は新鮮に映るようで、撮影中も目に入るものに興味津々な様子。

そんな彼女のTwitterでたびたび見られるのが、家族のことに触れたつぶやき。「ワンちゃんも含めて家族が大好きなので、よく実家には帰ってます。まだ免許取ったばかりなんですが、この前はお父さんとドライブしましたよ」と、生活の拠点を移しながらも、遠くに住む家族に思いを馳せる一面も。

そして、やはり外せないのが音楽の質問。最近のハマりアーティストとして挙げてくれたのが『CHVRCHES』。

「超好きなんです。曲もそうなんですが、ボーカルの(ローレン・)メイベリーのファッションもどストライクで。可愛らしい見た目なのに、服装がロック系なのがいいですね」

そんな山根さん、最近では昔習っていたピアノを再びはじめたとか。

「弾きたい曲があるんです。『月の光』っていう…ひとまずイントロはできたんですけど、その先が難しくて(笑)」

と、はにかんでいた彼女。ピアノに加えてギターもはじめたとのことで、まさに音楽に囲まれた生活を送っている様子。「やっぱり音楽がないと生きていけないです」と、キッパリ言い切ってくれました。

現在はPV出演の他に、TOKYOGIRLS撮影会などの活動を行っている山根さん。「これからも楽しいと思えることをずっとしていきたい」と語っていたその笑顔が印象的でした。

【プロフィール】
山根里菜(やまね・りな)
1992年4月11日生まれ。広島県出身。彼女のTwitterでは日々の生活が垣間見えるつぶやきが盛り沢山。

<取材・文/東田俊介 撮影/猿田祐樹>

「いとしのあの娘」アーカイブはこちら

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス