戦うアスリート系アイドルグループ『アップアップガールズ(仮)』をご存知だろうか。

ハロプロエッグの研修過程を修了し、更なるステップアップの為に2011年春に結成された7人組のアイドルグループだ。現在『アップアップガールズ(仮)』は、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて日本武道館を成功させるためにクラウドファンディングを実施中している。

今回は、そんな武道館ライブを目前に控えた『アップアップガールズ(仮)』の古川 小夏さんに、アイドルとしてデビューをしてヒットを掴むまでの想いから、今回のクラウドファンディングに至った経緯まで聞いてみた。

自信がなくてしょうがなかった。

————『アップアップガールズ(仮)』結成はどういった経緯だったのですか?

古川:ハロプロの研修生『ハロプロエッグ』だった時、自分自身の成長を丁度感じていたタイミングで突然、体制変更に伴う研修課程修了が通告されました。頭が真っ白になったことを覚えています。

しかし、長年私たちを見ていた事務所の現社長・山田さんによる、「ハロプロとは違うタイプのアイドルを作り、新たな才能を掘り起こせるのではないか」という発案により、一旦は活動終了を通達されていた私達7名が、新グループのオリジナルメンバーとして選出され、グループ結成に至りました。

————結成時の心境は?

古川:全員一度クビになったメンバーなので、とにかく自信がなかったです。メンバーも、なんだかまとまりのない感じで…。オリジナル曲をもらえるまでに、研修として1年の間があったのですが「私たちどうなるんだろう…」という気持ちが強かったのを覚えています。

1年たったタイミングでオリジナル曲「Going my ↑」をもらえました。その曲の歌詞が自分達の状況を理解させてくれたというか。肯定してくれたというか…。とにかくこの曲に本気で向き合う事で、自信もつきましたし、メンバーも一つになっていきました。

諦めるっていう答えだすのは簡単だけど
後悔したくないから何だってトライするよ!

出典アップアップガールズ(仮)『Going my ↑』

——『Going my ↑』を歌う皆さんにはそのような想いがあったのですね。

やっともらえたチャンス。「かっこよく見せてる余裕なんかない」

——『富士山頂ライブ』や『自衛隊での教練体験&LIVE』等、今までのアイドルにはない活動が印象的ですが、どのような経緯からそのようなスタイルに?

古川:負けず嫌いで、好奇心旺盛なメンバーが多いんです。チャンスを与えて頂いて、それに応えて行こうという想いで、色々なことに挑戦させて頂きました。

もちろん私達は最初、アイドルになりたかったこともあり、もがき苦しんでいる姿をファンの皆様に見せることにはすごい抵抗があったんです。
ただ、正直に言うとかっこいい余裕をみせてる余裕なんかなかったので、与えて頂いたチャンスには全力で挑戦していました。それが今のスタイルに繋がっているのかもしれません。

——ファンの間では色々なことに挑戦されるライブも話題ですね。

古川:私たち、自分たちのことを「ライブモンスター」だと思っていて(笑)。ライブの為なら何でもしたいと本当に思っているんです。
メンバー7人とも今では鍛えられた身体をしていますが、実は本当は身体を鍛えるのが嫌いなんです。ただ身体を鍛える事がもっと良いライブをすることに繋がると考えると、鍛えた方がいいと思い耐えられるんです。本当にライブに懸けてるんです。

武道館への挑戦——何でもやりたい。

——そんなライブモンスターの皆さんが武道館にかける想いをお聞かせ頂けますか?

古川:ずっと小さい頃から憧れてきた武道館。正直デビュー当初は、目の前のことに必死で、本当に立てるなんて考えてこなかったので、本当に嬉しいです。
なので、この武道館ライブがファンの皆様にとって、私たちにとっても楽しい時間となるなら、何でもやりたいと思ったんです。

そんな時にクラウドファンディング挑戦のお話をうかがったので、もう迷わず「やりたい・挑戦したい」と思ったんです。

おすすめの支援コースは「かるた大会(笑)」

——今回のクラウドファンディング、達成するとメンバー皆さんの夢が叶うんですね。

古川:そうなんです。今回のチャレンジは、目標金額が700万円になっていて、調達金額が100万円を超える度、各メンバーの武道館で実現したいことが叶っていく仕組みになっております!私は600万円を達成した時点で、私の夢が叶うことになっています。私たち自らがステージで発光するなんていう凝った演出をしたいと思っています(笑)。是非皆さん、応援してください。


——様々なコースの用意がありますが、どのコースがおすすめですか?

古川:実は今回私たちメンバーとかるた大会ができるよ、というリターンをご用意させて頂きました(笑)。私たちも初めての試みなのでどういう形になるか未知ですが…。ファンの皆様と楽しい時間を過ごせればと思っています!

——古川さんと手が触れ合うチャンスも…

古川:はい、あるかもしれません(笑)。内容の詳細は考え中ですが、私たちメンバーとファンの皆様で対戦するといったことも考えています。

達成率は現在50%!達成なるか!?

今回のクラウドファンディングは9月29日18時まで実施中です。
『アップガールズ(仮)』の挑戦を応援したい人は下記リンク先からご支援を!


———古川さん、ありがとうございました!

また、AbemaTV「AbemaSPECIAL3チャンネル」にて、『アップアップガールズ(仮)』の月1回のレギュラー番組「アップアップガールズ(仮) アイドルが武道館借りてみた、けど…」の第2回を9月15日(木)夜9時から生放送いたします。

第2回となる今回は、前回の生放送で、「私たちのことを輝かせてくれるステージセットが欲しい」と嘆願した森咲樹さんが、『誰かに借りてくればいいじゃん』というミッションのもと、小林幸子さんに豪華なセットを貸してもらえるかお願いしにいくことになったのをふまえ、実際に森さんが借りに行く様子をお送りします。

是非併せてチェックしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Makuakeスタッフ このユーザーの他の記事を見る

クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」のキュレーションチーム。世界中のクラウドファンディングサイトを常日頃研究しつつ、日本でクラウドファンディングを根付かせることをミッションに日々奮闘。映画、ガジェット、おしゃれグッズや国内外のクラウドファンディングで生まれた素敵なアイテムに関わること発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス